橋本愛、吉祥寺が舞台の音楽映画「PARKS」に主演 永野芽郁、染谷将太が共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月8日 > 橋本愛、吉祥寺が舞台の音楽映画「PARKS」に主演 永野芽郁、染谷将太が共演
メニュー

橋本愛、吉祥寺が舞台の音楽映画「PARKS」に主演 永野芽郁、染谷将太が共演

2016年12月8日 15:30

吉祥寺を舞台にした音楽映画

吉祥寺を舞台にした音楽映画
(C)本田プロモーションBAUS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の橋本愛が、井の頭恩賜公園(東京・武蔵野市)の2017年の開園100周年を記念する映画「PARKS パークス」に主演することがわかった。橋本は吉祥寺に住む主人公の大学生を演じ、永野芽郁染谷将太が共演する。エンディングテーマには相対性理論の「弁天様はスピリチュア」が決定した。

瀬田なつき監督がメガホンをとる本作は、2014年に閉館した吉祥寺バウスシアターのオーナーで、本作ゼネラルプロデューサーの本田拓夫氏の吉祥寺と井の頭公園を舞台とした映画を作りたいという思いから生まれた作品で、オール吉祥寺ロケが行われ、吉祥寺にゆかりの深い俳優陣として、新進女優・石橋静河森岡龍佐野史郎も出演。トクマルシューゴが音楽監修を務める。

1960年代と2017年の吉祥寺を舞台に、公園と街を通して二つの時代の音や物語が重なり合う音楽青春物語。ある日、吉祥寺に住む大学生の純(橋本)のもとに、死んだ父の昔の恋人の佐知子(石橋)を探す高校生のハル(永野)がやってくる。ふたりは、佐知子の孫のトキオ(染谷)に出会い、佐知子の遺品からオープンリールテープを見つける。

「PARKS パークス」は4月22日からテアトル新宿で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi