【国内映画ランキング】「ファンタビ」V2!累計興行収入は30億突破 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月5日 > 【国内映画ランキング】「ファンタビ」V2!累計興行収入は30億突破
メニュー

【国内映画ランキング】「ファンタビ」V2!累計興行収入は30億突破

2016年12月5日 19:50

首位を守った「ファンタスティック・ ビーストと魔法使いの旅」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

首位を守った「ファンタスティック・
ビーストと魔法使いの旅」
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 12月3~4日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が、週末2日間で観客動員44万5000人、興行収入6億7700万円をあげ、2位と大差をつけて2週連続で首位をキープした。公開から12日間で動員217万8237人、累計興収31億3920万8100円を突破。これから正月興行を挟んでどこまで数字を伸ばしてくるか注目される。

2位の「君の名は。」は、週末2日間で動員18万3600人、興収2億4600万円を記録し、累計興収は199億円を突破。これで「ハウルの動く城」(興収196億円)を抜いて国内歴代興収5位となり、日本映画としては「千と千尋の神隠し」(興収304億円)に次ぐ歴代2位に浮上した。間もなく200億円を突破するものとみられる。

また、10位からスタートした「この世界の片隅に」が、公開4週目にして4位にランクアップ。上映スクリーン数は87となり、週末2日間で動員4万6108人、興収6791万4220円を記録、前週比103%と引き続き右肩上がりの興行を展開している。スクリーン数もさらに拡大する見込みで、かなりのロングランとなりそうだ。

新作では、メリル・ストリープ主演「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」が初登場7位のスタートを切った。堤幸彦監督、向井理主演のコミカルミステリードラマを映画化した「RANMARU 神の舌を持つ男」は、全国272スクリーンで公開され8位にランクイン。テレビアニメの劇場版3部作の第3部「黒子のバスケ ウインターカップ総集編  扉の向こう」が9位につけた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi