ベルリン金熊賞受賞作 難民の玄関口の島を映す「海は燃えている」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月3日 > ベルリン金熊賞受賞作 難民の玄関口の島を映す「海は燃えている」予告編
メニュー

ベルリン金熊賞受賞作 難民の玄関口の島を映す「海は燃えている」予告編

2016年12月3日 08:00

「海は燃えている イタリア 最南端の小さな島」ポスター「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」

「海は燃えている イタリア
最南端の小さな島」ポスター
(C)21Unoproductions_Stemalentertainement
_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第66回ベルリン映画祭金熊賞受賞作で、第89回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表に選ばれたジャンフランコ・ロージ監督の新作「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」の予告編が公開された。

ロージ監督は、前作「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」でドキュメンタリー作品初のべネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞。そして、今作「海は燃えている」でもベルリン映画祭初のドキュメンタリー作品で最高賞である金熊賞を獲得した。

映画は、北アフリカにもっとも近いイタリア最南端にある小さな島、ランペドゥーサ島が舞台。漁師たちが静かに暮らす島は、ヨーロッパへ密航する難民や移民たちの玄関口でもあった。島で巻き起こる事件を、12歳の少年の視点で静かに映し出す。

予告編は、ベルリン映画祭で審査員長を務めた女優のメリル・ストリープの言葉からスタート。島の美しい海とそこで暮らす少年の無邪気な笑顔を映しながら、難民たちの玄関口という島のもうひとつの顔をカメラが捉える。難民船からの救助依頼の切羽詰まった声や、ニュース映像では見られない難民の上陸場面という、島の日常のコントラストを見るものに提示する映像だ。

海は燃えている イタリア最南端の小さな島」は、2月11日から、Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開。

(映画.com速報)
ローマ環状線、めぐりゆく人生たち[DVD] ローマ環状線、めぐりゆく人生たち[DVD] 最安価格: ¥3,732 第70回ヴェネチア国際映画祭にて審査員から満場一致の絶賛を浴び、ドキュメンタリー映画として史上初の金獅子賞を受賞した注目作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi