中国傘下の米映画館チェーン、作品ごとに異なる入場料の導入を検討 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月27日 > 中国傘下の米映画館チェーン、作品ごとに異なる入場料の導入を検討
メニュー

中国傘下の米映画館チェーン、作品ごとに異なる入場料の導入を検討

2016年11月27日 20:30

ニューヨーク・タイムズスクエア のAMCエンパイア25

ニューヨーク・タイムズスクエア
のAMCエンパイア25
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中国ワンダ・グループ傘下の米映画館チェーンAMCエンタテインメントが、作品ごとに異なる入場料の導入を検討していると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

MKMパートナーズ主催のカンファレンスに出席したAMCエンタテインメントのクレイグ・ラムジー最高財務責任者は、ヨーロッパの映画館チェーンであるオデオンとUCIシネマズの買収を完了したと発表。これらのチェーンが作品ごとに異なる入場料を設定していることから、「アメリカでも入場料について話し合いを持つべきだと思う」と発言した。

均一料金ではなく、ヒット性の高い人気映画にはより高い入場料を設定する用意があることを明らかにしている。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi