台湾の人気女優ビビアン・ソン、アンディ・ラウと共演で「乙女心が爆発」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月26日 > 台湾の人気女優ビビアン・ソン、アンディ・ラウと共演で「乙女心が爆発」
メニュー

台湾の人気女優ビビアン・ソン、アンディ・ラウと共演で「乙女心が爆発」

2016年11月26日 15:00

学生服姿で登場したビビアン・ソン「私の少女時代 Our Times」

学生服姿で登場したビビアン・ソン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 台湾で2015年度興行収入第1位を記録したラブストーリー「私の少女時代 Our Times」が11月26日、全国8スクリーンで封切られ、来日中の主演女優ビビアン・ソンが東京・新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に出席した。

映画をPRするための来日は初となったソンは「皆さんこんにちは。私はビビアン・ソンです。よろしくお願いします」と流ちょうな日本語で挨拶し、集まったファンを喜ばせた。映画は、恋も仕事もうまくいかないOL・林真心(リン・チェンシン)が、少女の頃に熱狂的ファンであったアンディ・ラウの歌を聞いたことをきっかけに、高校時代の甘酸っぱい恋や、純粋でひたむきだった自分を思い出していくさまを描いた。

メガホンをとったフランキー・チェン監督がラウの大ファンであることは既報の通りだが、ソンも同じくファンであると明かし、「ラウさんに会うのは私の夢でした。この映画で私の夢がかないました」とニッコリ。「チェン監督はもうお母さんなのですが、まだ乙女心を忘れずに持っていて、こんな青春の乙女心が満載の映画を撮れるのは素敵だと思います。林真心の乙女心に関しては、一部監督を参考にしました」とチェン監督の感性をたたえながらも、「でも、アンディ・ラウさんを見たら誰だって『キャー!』って乙女心が爆発すると思います(笑)」と本音を明かしていた。

また、普段SNSを活用しているというソンは、今作でSNSのない1990年代の学生を演じ「最初は慣れなかったのですが、演じていくなかで、“待つ”という感覚を味わえるようになりました。今はすごく便利な時代なので、携帯電話やSNSを使えばすぐに誰かと連絡を取り合えます。でも、そういうツールがないと返事を待つ時間にいろんな感情が湧いてきて、メッセージをもらった時は今の時代よりも嬉しいと思います」と当時の恋人たちに思いを馳せた。

さらにこの日は、今作のPR大使を務めたグラビアアイドルのほのかが花束プレゼンターとして登場し、台湾で大ヒットした主題歌を日本語でカバーした歌手のMay'nが生歌を披露した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi