加藤雅也、主演映画「棒の哀しみ」のラブシーンで若手女優を“誘導”に苦笑い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月26日 > 加藤雅也、主演映画「棒の哀しみ」のラブシーンで若手女優を“誘導”に苦笑い
メニュー

加藤雅也、主演映画「棒の哀しみ」のラブシーンで若手女優を“誘導”に苦笑い

2016年11月26日 21:50

女優陣を“誘導した” 加藤雅也「棒の哀しみ」

女優陣を“誘導した”
加藤雅也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の加藤雅也が11月26日、主演映画「棒の哀しみ」の初日舞台挨拶を東京・池袋のシネマ・ロサで行った。1994年に神代辰巳監督、奥田瑛二主演で映画化され、その年の映画賞を席巻した北方謙三氏の同名小説を、神代監督に師事した伊藤秀裕監督がリメイク。加藤は、「こういう時代の中で、アウトロー映画の火を消してはいけないという情熱や思いを見ていただければ」と真摯に訴えた。

力があるがゆえに組長にうとまれ、汚れ仕事ばかりさせられるやくざ組織の幹部の焦そう、生きざまを描くハードな人間ドラマ。加藤は、「アウトローの世界でも、一般のサラリーマンと同じようにもがき苦しみ、出るクイは打たれるという切なさを出したかった。ドキュメンタリーのようなリアル感を出すため、ほとんどが長回し。そこが気に入っている」と胸を張った。

伊藤監督も「中間管理職の悲哀や、上り詰める寸前の危うさを描いた」と納得の表情。「恩師の作品をリメイクするのはけっこう勇気がいることだったが、やりがいがあった。神代監督も天国なのか地獄にいるのかは分からないが、見守ってくれていると思う」と感慨深げに話した。

ヒロインの1人を演じた井上奈々は、映画初出演で初のラブシーンに挑戦。「これからの女優人生を考えると挑戦するしかない。加藤さんに“誘導”していただいて、すごく勉強になったし、女優魂を見てほしい」とアピール。高嶋香帆が入浴シーンの“濡れ場”があり、「加藤さんに手取り足取り“誘導”していただいた」と重ねると、加藤は苦笑するばかり。伊藤監督は、「ラブシーンは演出する方がもっとドキドキする。加藤さんの教育的指導のおかげ」と感謝していた。

舞台挨拶にはほかに大鶴義丹竹崎綾華が登壇した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi