深田晃司監督の最新短編作品「鳥(仮)」完成 「深田晃司映画まつり」で上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月23日 > 深田晃司監督の最新短編作品「鳥(仮)」完成 「深田晃司映画まつり」で上映
メニュー

深田晃司監督の最新短編作品「鳥(仮)」完成 「深田晃司映画まつり」で上映

2016年11月23日 14:30

深田晃司監督最新作となる短編が完成「鳥(仮)」

深田晃司監督最新作となる短編が完成
(C)深田晃司映画まつり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 深田晃司監督の最新作となる短編「鳥(仮)」が完成した。深田監督の作品を集めた特集上映「深田晃司映画まつり」で上映される。

浅野忠信を主演に迎えた「淵に立つ」が、今年5月の第69回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査委員賞を受賞した深田監督は、同作に至るまでにも、2010年に「歓待」で東京国際映画祭・日本映画「ある視点」部門作品賞、13年の「ほとりの朔子」でナント三大陸映画祭のグランプリを受賞するなど、各国の映画祭で高い評価を受けてきた。

深田晃司映画まつり」は、深田監督にとって初の特集上映となり、上映の機会が少なかった長編「東京人間喜劇」をはじめ、「淵に立つ」までの深田作品や、深田監督を追ったテレビドキュメンタリー「映画監督 深田晃司 海を渡って見えたもの」など計10作品を上映。「淵に立つ」を解説付きで鑑賞できるオーディオコメンタリー上映も行われる。

約7分の短編「鳥(仮)」は、同特集の開催を記念して製作。ある部屋で女性に詰問される男性と、男性が部屋に連れ込んだらしい、もうひとりの女性の様子を描いたもので、主要なシーンの多くをiPhoneで撮影された。撮影の根岸憲一、音楽の小野川浩幸ら「ほとりの朔子」「淵に立つ」を手がけたスタッフが集い、深田作品常連俳優の井上三奈子木引優子に加え、金子岳憲師岡広明らが出演。タイトルは「トリカリ」と読み、今後、長編化の可能性も秘めていることから、あえてタイトルに「(仮)」が入れられている。

深田晃司映画まつり」は、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで11月26日~12月9日開催。「鳥(仮)」は11月26、30日、12月1、2、4、6日に上映される。その他の上映作品やスケジュールは、特集上映の公式サイト(http://www.kojifukadacinemaparty.com/)で発表されている。

(映画.com速報)
ほとりの朔子[Blu-ray/ブルーレイ] ほとりの朔子[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の若手演技派・二階堂ふみが主演する青春映画。
歓待[DVD] 歓待[DVD] 最安価格: ¥3,175 東京下町を舞台に、ふらりと突然現れた流れ者の男に翻弄される一家を描くドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi