第17回東京フィルメックス開幕!キム・ギドク監督、アジア諸国の安全と平和を訴える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月19日 > 第17回東京フィルメックス開幕!キム・ギドク監督、アジア諸国の安全と平和を訴える
メニュー

第17回東京フィルメックス開幕!キム・ギドク監督、アジア諸国の安全と平和を訴える

2016年11月19日 21:45

キム・ギドク監督「The NET 網に囚われた男」

キム・ギドク監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第17回東京フィルメックスのオープニングセレモニーが11月19日、東京・TOHOシネマズ日劇で行われ、アジア圏の新進監督たちの秀作を集めたコンペティション部門の審査員を務める映画評論家のトニー・レインズ(審査委員長)、女優で声優のアンジェリ・バヤニパク・ジョンボム監督、アジア映画研究者として活動する松岡環氏、映画プロデューサーのカトリーヌ・ドゥサール氏が出席した。セレモニー終了後には、オープニング作品「THE NET 網に囚われた男」の上映を控えたキム・ギドク監督が登壇し、同作に込めた思いを述べた。

割れんばかりの歓声と拍手で迎えられたギドク監督は、「土曜日の夕方、貴重な時間に見に来てくださいまして、心から御礼申し上げます。しかしながら、とても幸せなはずの週末に見るには悲しくて胸が痛くなるような映画です」とユーモアたっぷりの挨拶で場内を沸かせた。

THE NET 網に囚われた男」は、事故で北朝鮮と韓国の国境を越えたために理不尽な運命にさらされる漁師の姿を通し、弱者が犠牲となる現代社会の闇をあぶり出した社会派ヒューマンドラマ。ギドク監督は、「韓国と北朝鮮は朝鮮戦争以来、66年間に渡って闘争が続き、互いに恨み、非難することを繰り返しています。その状況は未だに変わっていません。それがこの映画を撮ろうと思った理由です」と真っすぐな眼差(まなざ)しで語る。そのうえで、「この映画の最後は悲しく苦しく思えるかもしれませんが、私たちの未来は映画の結末と反対になることを心から願っています」とほほ笑んだ。

第17回東京フィルメックスは、特別招待作品10本、コンペティション部門に選出された10作品、特集「イスラエル映画の現在」の2作品などが上映される。11月27日まで、東京・有楽町朝日ホールをメイン会場に開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi