女優・のん、チョコは制限もキャラメルはOK!? 監督の暴露に場内は爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月12日 > 女優・のん、チョコは制限もキャラメルはOK!? 監督の暴露に場内は爆笑
メニュー

女優・のん、チョコは制限もキャラメルはOK!? 監督の暴露に場内は爆笑

2016年11月12日 15:02

初日挨拶に立ったのん(中央)「この世界の片隅に」

初日挨拶に立ったのん(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・のんがアニメーション映画の声優に初挑戦した「この世界の片隅に」が11月12日、全国63スクリーンで公開。のんは、片渕須直監督、音楽を担当したコトリンゴとともに、東京・テアトル新宿で行われた初日挨拶に立った。

第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した同名漫画を、クラウドファンディングでの資金調達を経て映画化。第二次世界大戦下の広島・呉を舞台に、少女すずが幾度も空襲にあいながら必死に生きる姿と、やがて訪れる昭和20年の夏を描いた。6年の歳月をかけて作品を完成に導いた片渕監督は「最初は少人数で進めていた企画でしたが、途中から応援してくださる方がどんどん増えた。スタッフやキャストも含め、本当に大勢の方々のサポートで完成した映画であることを記憶しておいて欲しい」と作品を支えた人々への深い謝意を表した。

主人公のすずを演じ、片渕監督に「本当に恵まれた声」と評されたのん。「すずさんが生活を楽しんでいる姿が本当に素敵だなと思いました」と前置きし、「私、それまで規則正しく生活をする才能がなかったんです」とはにかみながら告白。「でも、すずさんを演じたことで、ご飯をつくったり、お洗濯をする楽しさがわかってきて。生活をするのが楽しくなりました」と明かした。また片渕監督に対しても「監督も生活をする才能がないですよね?」と問いかけ、場内の笑いを誘っていた。

のんがお気に入りのシーンに関して「すずさんと夫の周作さんがケンカをするところです」と話すと、片渕監督が「実はそのシーン、のんさんと周作を演じた細谷佳正さんは、別々にアフレコしているんです」と裏話を披露。「のんさんのアフレコは、細谷さんの収録から2カ月くらい空いているんです。のんさんは細谷さんの声を家で聞きながら練習していました。普通に会話しているように聞こえるところが素晴らしいですよね」と語った。

作品のテーマにちなみ、「日常で感じる幸せはなんでしょうか?」と質問されると、「ぼんやりできる日だったり、気づいたら皆で笑っていた時がすごく好きですね」とコトリンゴが明かす一方で、のんは「ポテトチップスとチョコレートを食べる時」とニッコリ。「でも今は食べるのを制限していて…」というのんに対し、片渕監督が「この前『チョコレート食べちゃダメなんです』って言いながら、キャラメルいっぱい食べていたよね?」とツッコミを入れると、場内は大爆笑に包まれた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi