息をすれば死…盲目の老人に追い詰められる恐怖「ドント・ブリーズ」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月9日 > 息をすれば死…盲目の老人に追い詰められる恐怖「ドント・ブリーズ」予告編公開
メニュー

息をすれば死…盲目の老人に追い詰められる恐怖「ドント・ブリーズ」予告編公開

2016年11月9日 08:00

息をすれば殺される…全米ヒットの恐怖映画 「ドント・ブリーズ」が日本公開「ドント・ブリーズ」

息をすれば殺される…全米ヒットの恐怖映画
「ドント・ブリーズ」が日本公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 盲目の老人に追いつめられていく若者たちの恐怖を描き、全米でスマッシュヒットを記録した「ドント・ブリーズ」の予告編が公開された。

ホラー映画の名匠サム・ライミが製作を務め、ライミのデビュー作をリメイクした「死霊のはらわた」(2013)のフェデ・アルバレス監督がメガホンをとった同作は、大金を隠し持っていると噂される盲目の老人の家に忍び込んだ若者たちが、思いがけない恐怖に陥る様を描いたショッキングホラー。老人は視力に代わる異常な聴覚の持ち主で、返り討ちにあった若者たちが、家の地下室で老人のさらなる異常な一面を目の当たりにする。

予告編は、大金を奪って簡単に逃げられると思っていた若者たちが、出口を閉ざされ、電気を消されて何も見えない暗闇の中、音だけを頼りにどこまでも追いかけてくる老人におののく姿が映し出される。死の恐怖に直面した若者たちは、老人がかすかな音も聴き逃さないことから息をすることもできず、極限の状態に追いこまれていき、「ドント・ブリーズ(息をするな)」というタイトルのもつ意味が、迫真の映像で描き出される。

幽霊も悪霊も登場せず、スプラッターでもないが、そのスリリングな展開が話題を呼んだ一作で、見る者を恐怖に陥れる盲目の老人を、「アバター」のスティーブン・ラングが演じている。12月16日から日本公開。

(映画.com速報)
死霊のはらわた[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊のはらわた[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,073 80年代に公開された同タイトル作品をフェデ・アルバレス監督が2013年にリメイク。“スプラッター映画”というジャンルを確立したホラー映画の金字塔が再び蘇る!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi