ドクター・ストレンジはアベンジャーズの中心人物に!シリーズ第4弾にも登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月5日 > ドクター・ストレンジはアベンジャーズの中心人物に!シリーズ第4弾にも登場
メニュー

ドクター・ストレンジはアベンジャーズの中心人物に!シリーズ第4弾にも登場

2016年11月5日 12:00

カンバーバッチ演じる 異色のヒーローは重要キャラ!「アベンジャーズ」

カンバーバッチ演じる
異色のヒーローは重要キャラ!
(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル・スタジオの新作「ドクター・ストレンジ」に主演したベネディクト・カンバーバッチが、大ヒットシリーズ第3弾「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」に続き、シリーズ第4弾にも出演することを、同スタジオの社長で、全作のプロデュースを手がけてきたケビン・ファイギが明言した。

アベンジャーズ」シリーズの仕掛け人ともいえるファイギは、10月中旬に香港で日本メディアのインタビューに応じ、「ドクター・ストレンジはアベンジャーズの中心的メンバーになっていく」と明言。来年撮影が行われる「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」では、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で最強最悪のサノスには、あのアベンジャーズでさえ全員が力を合わせても太刀打ちできない。そこで、ストレンジがかなりの力を発揮してアベンジャーズを助けるんだ」と、重要キャラクターとして活躍することを示唆した。

マーベル・コミックスで描かれた8000以上のキャラクターの中から、「映画シリーズ化という前提をふまえたうえで、長きにわたり紡いでいける奥深いストーリーがあるか、それが映画に向いているか、文化を問わず世界中の観客が受け入れやすいか」を基準に、MCUの登場人物たちは選ばれるという。ドクター・ストレンジは、天才的な神経外科医だったが、キャリアの生命線である両手の機能を事故で失ったことがきっかけで、“魔術”の世界へ足を踏み込む。この魔術により扉が開かれる“多元宇宙(マルチバース)”のコンセプトが、「『ソー ラグナロク(原題)』、そして『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』に色濃く絡んでくる」とファイギは明かす。

同役を演じるカンバーバッチは、英BBCの「SHERLOCK シャーロック」で世界的に大ブレイクし、伝記ドラマ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた実力派俳優だ。「ドクター・ストレンジ役には彼しかいないと確信していた」というファイギは、「アベンジャーズ」シリーズで「クリス・エバンスロバート・ダウニー・Jr.マーク・ラファロといった素晴らしい俳優たちを相手に、ベネディクトがどんなシーンでどういった演技してくれるのか想像しただけでワクワクした」と、今後の展開も視野に入れた配役だったと証言。公開日延期という異例の対応をしてまでカンバーバッチのキャスティングにこだわった甲斐あってか、「MCUは大きな財産を得たと言えるだろう」と語った。

アベンジャーズ」シリーズでの活躍が確約されたとなると、気になるのが「ドクター・ストレンジ」の続編の製作だ。「今作が成功するかどうかにかかっているから、まだ具体的なプリプロなどの作業には入っていないが、続編の構想はしている」とかわしたファイギだが、「ひょっとしたら『アベンジャーズ』シリーズの前に公開される何かの映画にも登場するかも」とヒントを奮発。2019年までに8作品をラインナップし、「ビッグ、ビッガー、ビッゲストとどんどん大きくなっていく」というMCUのなかで、ドクター・ストレンジがどれほどの存在感と威力を顕示するのか、今後もシリーズから目が離せなくなりそうだ。

ドクター・ストレンジ」は2017年1月27日公開。

(映画.com速報)
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密[Blu-ray/ブルーレイ] イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 英国政府が50年以上隠し続けた、コンピューターの礎を築いた天才数学者アラン・チューリングの数奇な運命を描いた感動ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi