世界で活躍する俊英Yuki Saito監督、松雪泰子が2役演じた「古都」引っさげ京都に凱旋! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月4日 > 世界で活躍する俊英Yuki Saito監督、松雪泰子が2役演じた「古都」引っさげ京都に凱旋!
メニュー

世界で活躍する俊英Yuki Saito監督、松雪泰子が2役演じた「古都」引っさげ京都に凱旋!

2016年11月4日 20:00

ハリウッドの現場で学ぶ「古都」

ハリウッドの現場で学ぶ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松雪泰子橋本愛成海璃子らの共演で、文豪・川端康成による小説を現代版にアレンジした映画「古都」のプレミア上映が11月3日、京都府で開催中の第8回京都ヒストリカ国際映画祭で行われた。

映画では、原作小説では触れられなかった主人公たちの大人になった姿を描く。松雪が、京都・室町の呉服屋の女将・佐田千重子と、北山杉の里で林業を営む双子の妹・中田苗子の2役を演じ、橋本と成海がそれぞれの娘に扮する。京都と仏パリという和洋の古都を舞台に、人生に行き詰まった母子の関係の変遷が美しい映像と共につづられる。

上映後のティーチインには、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バベル」の撮影にも参加したYuki Saito監督が登壇。同映画祭の実行委員会が、国内外の若手映像作家の人材育成を目的に開催する「フィルムメーカーズラボ」の第1期生でもあることから「京都で撮らせていただき、ここ京都でワールドプレミア上映することができ、さらに自分を育ててくれた京都ヒストリカ国際映画祭に作品を持って帰ってこられたことを大変うれしく思います」と“凱旋”に万感の思いを口にした。

会場から「よかったよ」と声がかかると目をうるませ、「京都についてまったく無知だった自分が、何度も京都に足を運び、その中でたくさんの方に出会い、本当に京都の皆さんに支えていただき、学ばせていただきながら完成した作品です。京都から全国に、そして世界に発信していきたいと思います」と決意を新たにした。

作品については「川端康成先生の『古都』は、これまで何度も映像化され、数々の名作が残されています。その中で、この伝統を継承する物語を、今この時代に自分が撮らせていただく意義を考え、さらに自分の視点を入れながら撮らせていただきました」と先人たちの作品に敬意を払いつつ、自分の色を出そうと努めたと明かす。本作の最大の特色は、パリに留学中の苗子の娘・結衣(成海)を軸に、パリでの物語も描かれる点だが「京都との姉妹都市であることや、伝統や文化の継承、さらに鴨川とセーヌ川など、街と街自体も“姉妹”でつながっていることを、映画で描く“姉妹”や親子の距離感と合わせながら成立させたいと思い、こだわった部分です」と解説した。

古都」は、11月26日から京都で先行上映開始、12月3日から全国公開。第8回京都ヒストリカ国際映画祭は、11月13日まで開催中。

(映画.com速報)
バベル[Blu-ray/ブルーレイ] バベル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 メキシコの名匠アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が描くヒューマンドラマ。
古都[DVD] 古都[DVD] 最安価格: ¥1,854 朝日新聞連載川端康成原作から、「河口」の権藤利英が脚色、「続・愛染かつら」の中村登が監督した文芸もの。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi