「6才のボク」のラストは「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」の冒頭へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月4日 > 「6才のボク」のラストは「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」の冒頭へ!
メニュー

「6才のボク」のラストは「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」の冒頭へ!

2016年11月4日 19:30

撮影中のリチャード・ リンクレイター監督(写真左)「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」

撮影中のリチャード・
リンクレイター監督(写真左)
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1980年の米テキサスを舞台に、大学生たちのハチャメチャな青春を描く「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」を手がけたリチャード・リンクレイター監督が、本作の特色と、自身の監督作との関連について語った。

野球のスポーツ推薦で寮生活を始めた新入生ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性的なチームメイトたちと過ごす3日間を描く本作。リンクレイター監督は「(前監督作)『6才のボクが、大人になるまで。』のラストシーンを撮影しているときに、キャストやスタッフたちに『このラストシーンがオープニングになる映画の脚本をもう何年も前に書いていて、次に撮りたいんだ』と話していたんだ」と、本作が1人の少年が成長していく12年間を見つめた「6才のボクが、大人になるまで。」の続編的な位置づけにあると語る。「『6才のボクが、大人になるまで。』は、18歳になった主人公が、大学に入って新しい出会いと恋を経験するシーンで終わっている。『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は、その直後から始まる映画といえるよね」。

「この2本は、描いている時代も異なるけれど、僕の中では“ひと続き”なんだ。少年が成長して大学に入って新たな人生を学ぶ、ということを描いている」と解説するリンクレイター監督は、“その後”の展開についても示唆。「(『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は)『恋人までの距離(ディスタンス)』につながるんだよ。主人公は大学を卒業してヨーロッパに旅に出る。(『6才のボクが、大人になるまで。』の主人公)メイソンがジェイクになって、(『恋人までの距離(ディスタンス)』の主人公)ジェシーになる。そうさ、僕の映画は、同じユニバースの中で全部つながっているんだ」と壮大なロマンを語る。

時系列のつながりだけでなく、若き日のミラ・ジョボビッチベン・アフレックマシュー・マコノヒーレニー・ゼルウィガーが結集した初期作「バッド・チューニング」と本作には“運動部員たちを描く”共通点も。リンクレイター監督は「僕はアスリートたちの世界を描きたかったけど、いわゆるスポーツ映画を撮るつもりはないんだ。アスリートたちのメンタリティに焦点をあてて、彼らの競争意識や仲間意識を描くのは面白い」と題材にひかれるゆえんを明かした。本作の撮影では、仲間意識を強めるために自宅でキャストと共同生活を送ったそうで「『イビキがうるさいヤツは誰だ?』なんて映画と同じように騒いでた(笑)。撮影前にお互いのことを本当にわかりあうことができて、よい機会だったと思う」と振り返った。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」は、11月5日から全国順次公開。

(映画.com速報)
6才のボクが、大人になるまで。[Blu-ray/ブルーレイ] 6才のボクが、大人になるまで。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。母オリヴィアに従って、姉サマンサと共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父メイソンSrとの再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していくが…。12年かけて撮り続け、同じ俳優が12年間同じ役を演じ続けた唯一無二の奇跡の映画。
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離[DVD] ビフォア・サンライズ 恋人までの距離[DVD] 最安価格: ¥927 ユーロトレインの車内で出会った二人がお互いに心惹かれ合い、一緒に過ごした別れの時間までの14時間を描いた、リチャード・リンクレイター監督が贈るラブ・ロマンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi