河北麻友子「GANTZ:O」で過激な英語吹き替え初挑戦「感情は入れやすかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月30日 > 河北麻友子「GANTZ:O」で過激な英語吹き替え初挑戦「感情は入れやすかった」
メニュー

河北麻友子「GANTZ:O」で過激な英語吹き替え初挑戦「感情は入れやすかった」

2016年10月30日 11:00

河北麻友子と英里子

河北麻友子と英里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の河北麻友子とモデルの英里子が声優を務めた「GANTZ:O」英語吹き替え版が10月29日、第29回東京国際映画祭の特別招待作品としてTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。

これまでベネチア国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭などに出品されてきたが、英語吹き替え版の上映は初めてで、この日限りのプレミア。英語での声優初挑戦の河北は、「緊張というか、分からないことばかりでいろいろと指導していただいた。頑張れましたか?」と不安げな表情。川村泰監督は「大丈夫。格好良かった。英語の効果なのか、アグレッシブな感じがするし、サバイバル感がより高まった」と合格点を与えた。

すると、「アクションやサバイバルが多いので、感情的なセリフは英語の方が入れやすい。けっこう過激なことも言うけれど、自然に出せたかな」と得意げな笑顔。「自分の声なので最初は不思議な感じだったけれど、見ていくうちに臨場感がすごくて見入っちゃいました。せっかく英語ができるので、日本の魅力を海外に伝えたいし、2020年の東京五輪にも生かせたら」と夢をはせた。

一方の英里子は声優自体が初挑戦だったが、「戦ったり大声で叫ぶなんて普段はないことなので、ひと皮むけて新しい一面が出せたかな」と自信ありげ。TOEIC990点を誇るバイリンガルで、「日本と海外の懸け橋になれれば素敵。吹き替えは楽しかったので、どんどん挑戦していきたい」とさらなる意欲を燃やしていた。

第29回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi