内村光良が挑む“映画の笑い”「逃げ場がないことは覚悟のうえ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月23日 > 内村光良が挑む“映画の笑い”「逃げ場がないことは覚悟のうえ」
メニュー

内村光良が挑む“映画の笑い”「逃げ場がないことは覚悟のうえ」

2016年10月23日 09:00

「金メダル男」監督、原作、 脚本、主演の内村光良「ボクたちの交換日記」

「金メダル男」監督、原作、
脚本、主演の内村光良
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 内村光良が、監督第3作「金メダル男」を完成させた。芸人として確固たる地位を確立している内村が今回挑むのは、“映画の笑い”。「言い訳、言い逃れができない。逃げ場がないことは覚悟のうえでした」――そんなプレッシャーのなか、「あらゆる分野で一等賞をとりたい」という男の数奇な人生をつづるコメディを作り上げた。全編に笑いを盛り込んだ作品ながら、主人公のひたむきな生きざまからは、人生の悲哀と可笑しさがにじみ出ている。芸歴31年、プライベートでは2人の子を持つ父となった、今の内村だから描ける温かな笑いに満ちた一作だ。(取材・文・写真/編集部)

内村は、「ピーナッツ」「ボクたちの交換日記」で監督としての経験を積むなかで、自らの“ホーム”であるコメディへの興味が沸いてきたという。「前作『ボクたちの交換日記』を撮った時に長澤まさみちゃんが小出恵介くんをひっぱたくシーンがあって、そこがすごくうけたんですね。それで、映画の笑いってテレビや舞台と違うなと感じて。次は映画の笑いに挑戦したいという野望がふつふつと沸いてきた。3作目が撮れるならコメディに挑戦したいと」。

本作は、2011年に上演された内村の一人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとにしている。内村が身ひとつで演じ切った舞台版に対し、映画版は知念侑李木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳平泉成宮崎美子笑福亭鶴瓶清野菜名、長澤といった豪華俳優陣が結集。泉一の青年期を演じた知念には、内村自ら笑いの英才教育を施した。「アイドルの彼をお笑いにしなければいけないので、顔芸をね(笑)。劇中に出てくる歌舞伎の顔とか。水泳で息継ぎをする時に、隣のコースの女子を見る恍惚に満ちた表情とか。知念くんは、秋田泉一のように習得能力が高い。中盤以降は、好んでお笑い的なことをやってくれました」。

多くのキャストを起用する映画版だからこそ際立つのが、泉一の人生に関わり、通り過ぎていくたくさんの人々。舞台版では泉一(内村)の語りのみで登場したキャラクターたちが、個として存在感を発揮することで「人とのつながりなしに人生は成り立たない」という普遍的なメッセージが浮き彫りになり、そこにちりばめられた笑いに味わいや説得力が加わった。

「50年生きていますからね。20、30歳じゃあ撮れなかったと思います。あとはやっぱり子どもが出来たから、泉一に子どもが生まれた以降の展開は書けたんだと思います。結婚もそう。この年になったから書けた作品」。そのうえで、「笑っているけど泣いているみたいな瞬間ってあると思うんです。幸せすぎて、笑っているんだけど気がついたら一筋涙が流れているとか。そういったことを、ちょっとでも感じとってもらえればいいかなと思いますね」と“映画の笑い”に込めた思いを語った。

ボクたちの交換日記 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] ボクたちの交換日記 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,574 夢は叶うと、信じてた。内村光良監督が贈る、青春のすべてをお笑いに捧げたある若者の笑いと涙の感動物語!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi