アカデミー賞外国語映画賞候補作品は史上最多85本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月20日 > アカデミー賞外国語映画賞候補作品は史上最多85本
メニュー

アカデミー賞外国語映画賞候補作品は史上最多85本

2016年10月20日 08:00

日本からのエントリーは「母と暮らせば」

日本からのエントリーは「母と暮らせば」
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2017年2月に実施される第89回アカデミー賞の外国語映画賞部門候補作品が、史上最多となる85本となったと、同賞を主催する映画芸術科学アカデミーが発表した。

同賞の対象となるのは、前年10月1日から9月30日までに劇場公開された外国語作品で、各国から1作品のみのエントリーとなる。今年は昨年の81作品から85作品に増え、これまでで最多となった。

今後は、アカデミー会員のボランティアで構成される外国語映画委員会のメンバーが9作品に絞ったのち、5作品をノミネートすることになる。注目作品は、今年のカンヌ映画祭で話題を集めたドイツの「Toni Erdmann」(マーレン・アーデ監督)、同じくカンヌで主演男優賞を受賞したイランの「The Salesman」(アスガー・ファルハディ監督)。さらに、フランスの「Elle」(ポール・バーホーベン監督)、ガエル・ガルシア・ベルナル出演のチリの「Neruda」(パブロ・ラライン監督)、スペインの「Julieta」(ペドロ・アルモドバル監督)、アルフォンソ・キュアロン監督の息子ホナス・キュアロンの監督デビュー作、メキシコの「Desierto」など。日本からは、山田洋次監督作「母と暮らせば」がエントリーしている。

アカデミー賞のノミネート発表は17年1月24日、授賞式は2月26日に行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi