高橋克典、平尾誠二さん訃報に沈痛「永遠のあこがれの人」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月20日 > 高橋克典、平尾誠二さん訃報に沈痛「永遠のあこがれの人」
メニュー

高橋克典、平尾誠二さん訃報に沈痛「永遠のあこがれの人」

2016年10月20日 19:40

オーソドックスな人情時代劇で主演

オーソドックスな人情時代劇で主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の高橋克典が10月20日、東京・渋谷のNHKで行われたBSプレミアム時代劇「子連れ信兵衛2」の会見に出席。大のラグビーファンとして知られる高橋が、同日に53歳で死去したラグビー元日本代表監督・平尾誠二さんについて語った。

会見後、報道陣の呼びかけに応じた高橋は、「ラグビー人気が低迷していた時期も、まっすぐに貫いてきた大きな人でした。年も近いので非常にショック。2019年のW杯を前に残念です。天から、次の世代のラグビーに力を与えてほしい」と沈痛の面持ち。自身も中学、高校時代にラグビー部に所属し、ブログでも度々ラグビーを話題にするだけに「平尾さんは大スターで、雲の上の存在」といい、「2003年のW杯、僕はテレビ東京でMCをやらせていただいて、そのときに平尾さんは解説でいらっしゃった。僕は非常に緊張していたのですが、自分のチームのひとりみたいに可愛がってくださった。永遠のあこがれの人です。ご冥福をお祈りしたい」と話した。

「子連れ信兵衛2」は昨年放送され、好評を博した人情時代劇の続編。山本周五郎の「人情裏長屋」を原作に、剣の腕が立つ浪人・松村信兵衛が赤ん坊・鶴之介の育児に奮闘しつつ、長屋で起こるさまざまな事件を解決していくさまを描く。撮影は2月と7月の2度にわけて行われており、高橋は「松竹の撮影所では、杉良太郎さんや市川海老蔵の組とぶつかりあいつつ、往年の撮影所の雰囲気。『いつでも来やがれこの野郎!』と言いながら、ものすごく楽しい現場でした」と振り返った。

変わり種の時代劇が増えるなか、今作はオーソドックスな人情時代劇を志向。それだけに、高橋は「貧乏でも人の温かさを大事にすることが一番豊かというのを、何のてらいもなく芝居できる。それが恥ずかしくない珍しい作品です」と胸を張り、「人の温かさ、人を斬らずに人を育てるという侍の姿を描き、寂しい思いをしてきた人たち(時代劇ファン)を満足させられるものにしていきたい」と意気込んだ。

会見には共演の小島梨里杏黒谷友香も出席した。「子連れ信兵衛2」は、11月11日からNHK BSプレミアムで毎週金曜午後8時放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi