「SW」「007」撮影スタジオ、英パインウッド売却完了 今後も拡張路線 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月19日 > 「SW」「007」撮影スタジオ、英パインウッド売却完了 今後も拡張路線
メニュー

「SW」「007」撮影スタジオ、英パインウッド売却完了 今後も拡張路線

2016年10月19日 07:00

バッキンガムシャーにあるパインウッドスタジオ「スター・ウォーズ」

バッキンガムシャーにあるパインウッドスタジオ
Photo by Bruno Vincent/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ」や「007」シリーズなどの撮影スタジオを傘下に持つ英パインウッド・グループが売却されたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

同社は、ヨーロッパで最大のスタジオ施設をイギリスに構え、カナダやアメリカ、マレーシア、ドミニカ共和国にも展開。イギリスのバッキンガムシャーにあるパインウッド・スタジオは1936年のオープン以来、「007」シリーズの撮影拠点として使われてきた。

近年では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続いて、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」や「スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」の撮影が行われたこともあって、過去最高の年間収益を記録。同社は、株主価値を高めるため身売り先を探していた。

このたび、英投資ファンドPicture Holdco Ltdによるパインウッド・グループの買収が完了。買収総額は3億2330万ポンド。今後はパインウッド・スタジオを拡張していくという。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi