ビスコンティ「家族の肖像」デジタル修復版が2月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月18日 > ビスコンティ「家族の肖像」デジタル修復版が2月公開
メニュー

ビスコンティ「家族の肖像」デジタル修復版が2月公開

2016年10月18日 06:00

名優5人が繰り広げる室内劇「家族の肖像」

名優5人が繰り広げる室内劇
(c)Minerva Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリアの巨匠ルキノ・ビスコンティ監督の1974年の名作「家族の肖像」のデジタル完全修復版が、2017年2月11日から岩波ホールほか全国で公開する。ビスコンティ監督の後期最高傑作とうたわれ、日本のミニシアター文化隆盛の先駆けとなった作品だ。

18世紀イギリスで流行した「家族の肖像」と呼ばれる家族の団欒画のコレクションに囲まれて、ローマの豪邸に一人孤独に暮らす老教授が、ある家族によって掻き乱されていく様を描く。

バート・ランカスターが、ビスコンティ自身の肖像とも言うべき教授役、教授が次第に強くひかれていく美青年コンラッドには、ヘルムート・バーガーシルバーナ・マンガーノが、貴族ならではの傍若無人さをまき散らす伯爵夫人に扮し、クラウディア・カルディナーレドミニク・サンダが共演する。

今回初公開されるデジタル完全修復版は、イタリア・ローマのラグジュアリーブランドフェンディが製作。フェンディは、衣装デザイナーピエロ・トージとのコラボレーションによって、マンガーノが着用したファーコートを提供している。

家族の肖像」デジタル完全修復版は、2017年2月11日から、岩波ホール他全国順次公開。

(映画.com速報)
家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版[DVD] 家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版[DVD] 最安価格: ¥4,665 初老の教授が住む家に、女とその娘、そして女の情夫が転がり込んできた。困惑する教授だったが、いつしか“家族”のような奇妙な共同生活になっていった…。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi