「ナイスガイズ」ヒロインがソフィア・コッポラ新作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月17日 > 「ナイスガイズ」ヒロインがソフィア・コッポラ新作に出演
メニュー

「ナイスガイズ」ヒロインがソフィア・コッポラ新作に出演

2016年10月17日 12:00

15歳の若手女優アンゴーリー・ライス「ナイスガイズ!」

15歳の若手女優アンゴーリー・ライス
写真:James Veysey/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ラッセル・クロウライアン・ゴズリングがダブル主演したアクションコメディ「ナイスガイズ!」で、ゴズリングの娘役を演じて注目を集めた15歳の若手女優アンゴーリー・ライスが、ソフィア・コッポラ監督の新作に出演することが明らかになった。

新作は、「ダーティ・ハリー」のドン・シーゲル監督と主演クリント・イーストウッドの名コンビがタッグを組んだ1971年の異色サスペンス「白い肌の異常な夜」をリメイクするもの。南北戦争末期を舞台にしたオリジナル版は、負傷した北軍の兵士マクバーニー(イーストウッド)が、南部の林の中にある女子学園の生徒に助けられ順調に回復するものの、唯一の男性をめぐり女教師や女生徒たちが嫉妬と愛憎渦巻くドラマを繰り広げる。

米ハリウッド・レポーターによれば、コッポラ監督・脚本によるリメイク版は、コリン・ファレルがマクバーニー役、ニコール・キッドマンが校長のマーサ役、キルステン・ダンストが教師役、エル・ファニングとライスがそれぞれ女生徒を演じる。

ライスがヒロインを演じた「ナイスガイズ!」(シェーン・ブラック監督・脚本)は、1970年代の米ロサンゼルスを舞台に、腕っ節の強い示談屋(クロウ)と酒浸りの私立探偵(ゴズリング)が、国家の陰謀に巻き込まれていくさまをユーモアたっぷりに描いた作品。度胸と機転を利かせ主人公2人に劣らぬ活躍を見せる、私立探偵の娘ホリー役をライスが演じた。

ナイスガイズ!」の日本公開は2017年2月18日。このほかに、ライスは17年7月7日全米公開のトム・ホランド主演「スパイダーマン ホームカミング」にも出演している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi