アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの感動作「こころに剣士を」、心の交流描く予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月11日 > アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの感動作「こころに剣士を」、心の交流描く予告編
メニュー

アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの感動作「こころに剣士を」、心の交流描く予告編

2016年10月11日 19:30

実話をもとにした感動作「こころに剣士を」

実話をもとにした感動作
(C)2015 MAKING MOVIES/
KICK FILM GmbH/ALLFILM
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ヤコブへの手紙」のクラウス・ハロ監督がメガホンをとり、第88回アカデミー賞外国語映画賞(フィンランド代表)にノミネートされた「こころに剣士を」の予告編が公開された。

実話をもとに、フェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を描くフィンランド・エストニア・ドイツ合作映画。舞台は、1950年初頭のエストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、田舎町ハープサルに身を隠し、そこで暮らす子どもたちに課外授業としてフェンシングを教えることに。やがて潜伏中の身でありながら、「全国大会に出たい」という子どもたちの夢の実現に向けて動き出す。

予告編は、エンデルが子どもたちのもとを訪れる場面から幕が上がる。子どもが苦手なエンデルは話しかけてきた少女を冷たくあしらい、授業も無表情で淡々と行う。だが、瞳を輝かせひたむきに練習に打ち込む姿に胸を打たれ、次第にかけがえのない存在に変わっていく。エンデルと少年少女の心の交流が、繊細な映像と音楽でつづられている。

こころに剣士を」は、12月24日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi