竹内涼真、稲葉友とのアクションシーンでまさかのキス「嫌な気持ちではなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月9日 > 竹内涼真、稲葉友とのアクションシーンでまさかのキス「嫌な気持ちではなかった」
メニュー

竹内涼真、稲葉友とのアクションシーンでまさかのキス「嫌な気持ちではなかった」

2016年10月9日 16:35

人気若手俳優陣がずらり

人気若手俳優陣がずらり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ヒーロー番組「仮面ライダードライブ」のスピンオフとなるVシネマ「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」の完成披露上映イベントが10月9日、都内のホールで行われた。

2014~15年のテレビシリーズの3年後を描く物語で、マッハ役の稲葉友は「毎回やり切った感じがあったけれど、マッハには(続編が)あるのかな?と期待していたので、全力で挑まないとという気持ちになった」と述懐。だが、「ただ、ハートって何?って思った」と胸中を吐露した。

ハートは敵となるロイミュードのリーダー格だった存在で、同作で仮面ライダーとして復活するという大胆なストーリーに、演じた蕨野友也も、「どうすんの?って、俺が一番思った」と苦笑い。それでも、「ファンの皆さんがライダーシリーズを愛し続けてくれているから、この場に立てている。その思いがよく伝わってきた」と満場のファンに感謝した。

ドライブ・泊進ノ介を演じていた竹内涼真もサプライズで登場し、「ひとっ走り、付き合えや」と決めゼリフを披露すると、ファンは大喝采。サプライズだと知らなかった稲葉が、「だから、俺たちが出た時より歓声がすげえんだ」とうらやむほどの盛り上がりを見せた。

竹内は、稲葉とのアクションシーンで勢い余って唇が触れ合ってしまったことを告白し「嫌な気持ちではなかった」とさわやかな笑顔。だが稲葉は、「それ言うんだ。墓場まで持っていこうと思っていたのに」と悔しそうだ。

また、同じくサプライズで泊と結婚し母親になったという設定の霧子役・内田理央も登場。稲葉に「貴重な授乳シーンだったよね」とふられると、「台本をもらう前から聞いていて、ビックリしてどうやるんだろうと思った。体形も、めっちゃパットが入っています」とあっさり真相を明かしたが、直後に発言の重大に気づきしゃがみ込んで照れまくっていた。

イベントにはほかに吉井怜井俣太良馬場ふみか、はねゆりが出演した。

Vシネマ「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」は、11月16日にブルーレイ&DVDが発売される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi