スプラッターの先駆者ハーシェル・ゴードン・ルイス監督が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月27日 > スプラッターの先駆者ハーシェル・ゴードン・ルイス監督が死去
メニュー

スプラッターの先駆者ハーシェル・ゴードン・ルイス監督が死去

2016年9月27日 16:11

“ゴッドファーザー・オブ・ゴア”逝く「血の祝祭日」

“ゴッドファーザー・オブ・ゴア”逝く
(C)2010 Something Weird Video. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界初のスプラッタームービーとして知られる「血の祝祭日」(1963)のハーシェル・ゴードン・ルイス監督が9月26日に死去した。享年87歳だった。

ルイス監督の広報の話では、ルイス監督は就寝中に息を引き取ったようだ。米ハリウッド・レポーター誌などが報じている。

1926年・米ピッツバーグ出身のルイス監督は、映画館と広告代理店のオーナーを経て、映画製作に進出した。監督初期はデビッド・F・フリードマンのプロデュースでエロティック映画のメガホンをとり、「血の祝祭日」(63)や「2000人の狂人」(64)などでスプラッターホラー、ゴアムービーのジャンルを開拓。「ゴア・ゴア・ガールズ」(72)を最後に監督業から30年ほど離れていたが、02年に「ブラッド・フィースト 血の祝祭日2」で復活した。

“ゴッドファーザー・オブ・ゴア”としてカルト的な人気を誇り、クエンティン・タランティーノジョン・ウォーターズロバート・ロドリゲスジェームズ・ガンといったジャンル映画の精鋭たちがルイス作品の影響を明かしている。日本では、ルイス監督の半生とスプラッター映画の歴史をを紐解くドキュメンタリー映画「ゴッドファーザー・オブ・ゴア」(11)の公開にあわせ、特集上映「ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭」が開催された。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi