SWスピンオフ「ローグ・ワン」作曲家がマイケル・ジアッキノに変更 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月26日 > SWスピンオフ「ローグ・ワン」作曲家がマイケル・ジアッキノに変更
メニュー

SWスピンオフ「ローグ・ワン」作曲家がマイケル・ジアッキノに変更

2016年9月26日 12:00

マイケル・ジアッキノ「スター・ウォーズ」

マイケル・ジアッキノ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の作曲家が、「スター・トレック」のマイケル・ジアッキノに変更になったとハリウッド・レポーター紙が報じている。

シリーズ初のスピンオフとなる同作は、ギャレス・エドワーズ監督が「GODZILLA」でタッグを組んだ人気作曲家アレクサンドル・デスプラが担当することになっていた。しかし、このほど「カールじいさんの空飛ぶ家」でアカデミー賞を受賞しているジアッキノに交代したという。

その理由は、今夏に行われた「ローグ・ワン」の追加撮影だ。「フィクサー」のトニー・ギルロイ監督が脚本も兼ね指揮した追加撮影が長期に及んだため、作曲の時期がずれこんだため。これにより、デスプラはスケジュールの都合で降板。そこで、ウォルト・ディズニーはジアッキノに代役を依頼した。

ジアッキノは、ディズニーの実写映画「ジョン・カーター」や「トゥモローランド」のほか、ピクサーの「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」、ディズニー・アニメーションの「ズートピア」、マーベル最新作「ドクター・ストレンジ」と、多くのディズニー関連作品を手掛けるお抱え作曲家のような存在。さらに、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督作の大半を手掛けており、大の「スター・ウォーズ」ファンであることも加味されたようだ。

降板したデスプラは、「グランド・ブダペスト・ホテル」でオスカーを戴冠。今年も「ペット」や「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」など多くの作品を手がる人気作曲家だ。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の世界公開は、12月16日。

グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ウェス・アンダーソン監督が贈る、究極のおもてなし達人と青年が繰り広げるミステリー・コメディ。
カールじいさんの空飛ぶ家 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] カールじいさんの空飛ぶ家 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 妻を亡くし一人になったことを契機に、一世一代の冒険へと旅立つ老人が繰り広げる冒険を通じ、果てなき可能性のある人生の素晴らしさを描いたハートウォーミング・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi