「FBY(ファンタスティック・ビーストよろしく)」!DAI語が飛び出す特別映像3種公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月23日 > 「FBY(ファンタスティック・ビーストよろしく)」!DAI語が飛び出す特別映像3種公開
メニュー

「FBY(ファンタスティック・ビーストよろしく)」!DAI語が飛び出す特別映像3種公開

2016年9月23日 12:00

主人公になりきったDAIGO「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

主人公になりきったDAIGO
(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メガヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの最新作で、オスカー俳優エディ・レッドメインが主演を務めた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のオンライン特別映像3種が、公開された。それぞれ、主人公ニュート・スキャマンダー(レッドメイン)に焦点を当てたもの、魔法動物の紹介、魔法の解説といった内容になっている。各映像には、本作の宣伝大使を務めるDAIGOも登場し、「FBY(ファンタスティック・ビーストよろしく)」と“DAI語”でアピールしている。

映画は、1926年の米ニューヨークを舞台に、“魔法動物学者”のニュートが持つ魔法のトランクから魔法動物が解き放たれ、大騒動を引き起こすさまを描く。「ニュート編」では、“人よりも魔法動物といるほうが落ち着く”という人見知りな性格のニュートが魔法動物とたわむれるさまや、他の魔法使いと交流するシーンが描かれている。

「魔法動物編」では、ニュートの相棒で植物の姿をしたボウトラックル、光るものが大好きなニフラー、嵐を呼ぶといわれる怪鳥サンダーバードが紹介されると共に、さらなる魔法動物が人間界を混乱に陥れる様子が示唆されている。魔法のつえや呪文といったおなじみのものに加え、“姿くらまし”や“魔法のトランク”が登場するのは、「魔法編」だ。「ハリー・ポッター」に続き本作のメガホンをとるデビッド・イェーツ監督は「本作は、『ハリー・ポッター』の大人版ではないよ。J・K・ローリングが描く魔法の世界の魅力や、人間性、遊び心がすべてあるんだ。もっと興味深い領域に連れて行ってくれると思う」と手ごたえを明かしている。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、「ハリー・ポッター」の原作者J・K・ローリングが、映画脚本を初めて手がけた。11月23日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi