ジム・キャリー、自殺した恋人の夫に訴えられる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月21日 > ジム・キャリー、自殺した恋人の夫に訴えられる
メニュー

ジム・キャリー、自殺した恋人の夫に訴えられる

2016年9月21日 06:00

死の責任を問われ反論

死の責任を問われ反論
写真:AKM Images/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優ジム・キャリーが、昨年9月に自殺した当時の恋人キャスリオナ・ホワイトさんの死の責任があるとして、夫のマーク・バートン氏に訴えられた。

ホワイトさんとはすでに破局状態にあったバートン氏は9月19日(現地時間)、現在54歳のキャリーが「莫大な富と著名人という立場」を利用してホワイトさんを死に追いやった医薬品を入手したと、米ロサンゼルス郡上級裁判所に提訴した。米ピープル誌によれば、訴えの内容は、キャリーが“アーサー・キング”という偽名で薬を入手し、ホワイトさんがうつ状態になりやすく、自殺の傾向があることを知りながら薬を渡したというもの。その他、ホワイトさんの死に関与していることを隠そうとしたとも主張しているという。

アイルランド出身のメイクアップアーティストで、当時30歳だったホワイトさんは、ロサンゼルス・シャーマンオークスの自宅で死去しているのが発見された。検視の結果、ホワイトさんに処方されたものではない、向精神薬や鎮痛剤など3種類の医療用医薬品の過剰摂取が死因と断定された。キャリーとは2012年から数カ月間にわたって交際し、昨年5月に復縁したが、自ら命を絶つ1週間前に再び交際関係に終止符が打たれていたようだ。遺書には、キャリーへの思いがつづられていた。

一方、ホワイトさんとバートン氏がいつごろ結婚したかなど、詳細は明らかになっていないが、離婚手続きを進めようとしていたとピープル誌は報じている。

キャリーは訴訟に関し、「非常に恥ずべき行為だ。この男性の弁護士と秘密裏に取引を行い事態を収拾させることは容易だが、人生には自分の名誉を世に存在する悪から守るため立ち上がらなければならないときがある」と声明を発表。「私や私が愛した女性を利用しようとする心ない企みは容認できない。キャット(キャスリオナ)が抱えていた問題は、私と出会うよりずっと昔に生まれたものであり、悲劇的な最期は誰にも止められなかっただろう。彼女が安らかに眠れるよう、人々が悲しい出来事から利益を得ようとするのをただちに終わりにしてくれることを心から願っている」と胸の内を語った。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi