第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」上映作品11本が決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月21日 > 第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」上映作品11本が決定!
メニュー

第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」上映作品11本が決定!

2016年9月21日 15:00

多彩な作品がラインナップ!

多彩な作品がラインナップ!
(C)Miles Films
(C)Visinema Pictures /COCOMARU
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月25日に開幕する第29回東京国際映画祭で特集される、国際交流基金アジアセンターpresents「CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア」の上映プログラムが発表された。今回は宗教、民族、ジェンダーなど、現代社会が抱える様々な問題を取り上げる。

東京生まれで、挑発的な題材に取り組み続ける若手監督テディ・スリアアトマジャの最新3部作「ラブリー・マン」(2011)、「タクシードライバー日誌」(13)、「アバウト・ア・ウーマン」(14)がそろって選ばれたほか、一夫多妻制のなかで戸惑いながらも力強く生きる女性を描写した「Emma'マザー」(16)、「ディアナを見つめて」(15)の社会派2作品が上映される。

一方で、個性の異なる3姉妹の結婚話が快活に展開する「三人姉妹(2016年版)」、若き研修医たちの恋愛コメディ「Cado Cado 研修医のトホホ日記」(16)、1杯の珈琲にすべてを賭けるバリスタコンビの奮闘を描く「珈琲哲學 恋と人生の味わい方(仮題)」(15)といった青春物語も充実。さらに、“インドネシア映画の父”と称されるウスマル・イスマイル監督の名作「戒厳令のあとで」(1954)を、デジタル修復版で上映する貴重な機会も設けられた。

アジアの国、監督、俳優、テーマなどに焦点を当て、アジア映画の特集上映を行う同部門は、今年で設立3年目。各作品の監督や出演者らが来日し、Q&Aセッションやシンポジウムなどを行う予定。第29回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に東京・六本木ヒルズほか各所で開催される。チケットは、10月15日に発売開始。

全上映作品は以下の通り。

「アバウト・ア・ウーマン」(テディ・スリアアトマジャ監督)
「タクシードライバー日誌」(テディ・スリアアトマジャ監督)
ラブリー・マン」(テディ・スリアアトマジャ監督)
「三人姉妹(2016年版)」(ニア・ディナタ監督)
「Cado Cado 研修医のトホホ日記」(イファ・イスファンシャー監督)
「Emma'マザー」(リリ・リザ監督)
「珈琲哲學 恋と人生の味わい方(仮題)」(アンガ・ドゥイマス・サソンコ監督)
「ディアナを見つめて」(カミラ・アンディニ監督)
「舟の上、だれかの妻、だれかの夫」(エドウィン監督)
「フィクション。」(モーリー・スリヤ監督)
「戒厳令のあとで」(ウスマル・イスマイル監督)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi