本田望結ちゃん、敬老の日に贈る感謝の言葉とプレゼント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月19日 > 本田望結ちゃん、敬老の日に贈る感謝の言葉とプレゼント
メニュー

本田望結ちゃん、敬老の日に贈る感謝の言葉とプレゼント

2016年9月19日 13:20

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督最新作「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」の公開記念舞台挨拶が9月19日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、日本語吹き替え声優を務めた本田望結ちゃんと“ビッグ・フレンドリー・芸人”に任命されたお笑いコンビ「麒麟」の川島明田村裕が登場した。

タイトル「BFG」とかけた川柳を披露する場面では、この日が敬老の日とあって孫を連れた年配の観客が多数みられたため、川島が「(B)ボディやばい! (F)不安になったら (G)グルコサミン」と一句読み、「おじいちゃんとおばあちゃんが信じているのはグルコサミンとコンドロイチン」と場内の笑いを誘う。一方の田村は「びっくりした 2日続けて ギックリ腰」と書かれたフリップを掲げ、「一昨日、ふざけてジャンプしたらかるく腰を。で、昨日も仕事終わりにリュックを背負ったら、リュックに全部もっていかれた。今歩くのがぎりぎり」と苦痛で顔をゆがめながら、告白した。

そして、大トリを任された望結ちゃんは「(お)ばあちゃん 二人で見てね (お)じいちゃんと」と発表し、場内を和ませた。さらに、望結ちゃんは劇中に登場するアイテムを模したグッズ「ドリーム・ジャー」を客席1人1人にプレゼント。受け取った女性は「ありがとう。望結ちゃん、がんばってね」と孫に語りかけるようにほほ笑み、握手を求めていた。

スピルバーグ監督が「チャーリーとチョコレート工場」の原作者としても知られるロアルド・ダールの児童文学を映画化。ロンドンの孤児院で育った孤独な少女ソフィーと優しい巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)の友情、2人が世界を救おうと勇気を振り絞るさまを描く。

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】チャーリーとチョコレート工場[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】チャーリーとチョコレート工場[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 ロアルド・ダール原作「チョコレート工場の秘密」を映画化。謎に包まれたチョコレート工場と、風変わりな格好をしている工場主ウィリー・ウォンカを描いた、ティム・バートン監督&ジョニー・デップの強力タッグによるファンタジー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi