田中要次が血みどろダークヒーローに!「蠱毒 ミートボールマシン」で映画初主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月17日 > 田中要次が血みどろダークヒーローに!「蠱毒 ミートボールマシン」で映画初主演
メニュー

田中要次が血みどろダークヒーローに!「蠱毒 ミートボールマシン」で映画初主演

2016年9月17日 06:00

映画初主演を飾る田中要次「ミートボールマシン」

映画初主演を飾る田中要次
(C)2017キングレコード
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「進撃の巨人」前後編の特殊造形を手がけた西村喜廣が監督を務め、俳優の田中要次が映画初主演を飾る「蠱毒(こどく) ミートボールマシン」が、2017年に公開されることが決定した。「ミートボールマシン」(2005)に続くシリーズ第2弾で、田中は余命いくばくもないなか謎の生命体に寄生され、ダークヒーローとなる中年男を演じる。

借金の取立て屋をしている冴えない中年男・野田勇次(田中)は、上司になじられ、実母に金の無心をされ、しまいにはがんで余命宣告を受けてしまう。絶望する間もなく「ユニット」という生命体に突然寄生され、体内で共存するようになる。そんななか、同じように寄生されて怪物と化した人間の存在を知り、思いを寄せる女性・カヲル(百合沙)を守るため、野田は血にまみれた戦いを繰り広げる。

田中は、「この年で主役が回ってくるなんて思っていなかったので、驚きと、本当に僕でいいのかという気持ちでした」と“名脇役”としての本音を吐露。それでも「嬉しいですし、チャンスは逃したくないなとやらせていただきました」といい、「こんなに醜いヒーローはほかにいないです。珍しいヒーロー誕生ですね!」と個性的な役柄に胸を張っている。

一方の西村監督は、今作が企画段階だった4年前に田中にオファーをしていたことを明かし、「ずっと待ち続けてくれていたので、どうしても田中さんに主演をやって欲しかった」と歓喜。「『俺らずっと仕事してきてよ~、もうそんなに楽しいこと無くってよ~』って思う“お前ら”には最高の映画だと思います!」と期待をあおっている。

また、共演には西村監督作「虎影」(15)の出演陣が大集合した。主演を務めた斎藤工が謎の宇宙人役を演じるほか、しいなえいひ、鳥居みゆき村杉蝉之介三元雅芸仁科貴がスクリーンでの再会を果たしている。

蠱毒(こどく) ミートボールマシン」は、2017年に公開。

虎影[Blu-ray/ブルーレイ] 虎影[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,177 監督・脚本は「東京残酷警察」「ヘルドライバー」などを手がけ、実写版「進撃の巨人」では特殊造形プロデューサーを務めている西村喜廣。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi