松田龍平、2週間のハワイロケも海は満喫せず「万年床でグダっとしていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月17日 > 松田龍平、2週間のハワイロケも海は満喫せず「万年床でグダっとしていた」
メニュー

松田龍平、2週間のハワイロケも海は満喫せず「万年床でグダっとしていた」

2016年9月17日 17:35

舞台挨拶に立った(左から)大西利空くん、 松田龍平、企画・脚本の須藤泰司「ぼくのおじさん」

舞台挨拶に立った(左から)大西利空くん、
松田龍平、企画・脚本の須藤泰司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・故北杜夫さんの児童文学を山下敦弘監督が映画化した「ぼくのおじさん」が9月17日、東京・台東区で開催中の「第9回したまちコメディ映画祭in台東」のオープニング作品として上映され、主演の松田龍平、共演の大西利空くん、企画・脚本の須藤泰司が東京・浅草公会堂での舞台挨拶に出席した。

理屈をこね、万年床で漫画ばかり読んでいるおじさん(松田)のだらしない日常と恋を、おいっ子の小学生・春山雪男(利空くん)の目線で描く。おじさんはハワイの日系4世・稲葉エリーに一目ぼれする設定で、撮影は2週間のハワイロケを敢行。期間中、利空くんは海を満喫したそうだが、松田は「僕も誘われたんですが、部屋の万年床でグダっとしていました」と、役どころ同様ぐうたらな生活を送っていたことを明かした。

またワールドプレミア上映となったこの日、観客の温かい拍手で迎えられた松田は「初めてお客さんに見ていただいて、待っている間も笑い声がたくさん聞こえて本当に幸せでした」と満面の笑顔。劇中では狂言回しに加えツッコミ役を担った利空くんも、「2回くらいしか映画に出たことがないですが、こういう大きな役をやらせてもらえて嬉しいです」と充実の面持ちだった。

さらに利空くんは、ハワイでの思い出を「ハワイ島の溶岩地帯で撮影したのが一番楽しかった」と振り返る。「一面真っ黒で、途中途中の穴に仏様のような形の岩があった」と大人顔負けのコメントで客席を驚かせていた。「ぼくのおじさん」は真木よう子戸次重幸寺島しのぶ宮藤官九郎戸田恵梨香らが共演する。11月3日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi