トム・ハンクス&アーロン・エッカート、市川海老蔵を「日本のボンド!」とべた褒め : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月16日 > トム・ハンクス&アーロン・エッカート、市川海老蔵を「日本のボンド!」とべた褒め
メニュー

トム・ハンクス&アーロン・エッカート、市川海老蔵を「日本のボンド!」とべた褒め

2016年9月16日 15:00

海老蔵から特製のちょうちんが贈られた「ハドソン川の奇跡」

海老蔵から特製のちょうちんが贈られた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日中のトム・ハンクスアーロン・エッカートが9月15日、都内で行われた出演作「ハドソン川の奇跡」(クリント・イーストウッド監督)のジャパンプレミアに出席。歌舞伎役者の市川海老蔵と対面を果たした。

2009年1月15日、米ニューヨーク・マンハッタンの上空850メートルで、乗客155人を乗せたUSエアウェイズ1549便が突如制御不能に陥る緊急事態が発生。チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長(ハンクス)は、ジェフ・スカイルズ副機長(エッカート)と共に前代未聞の“ハドソン川着水”を成し遂げて乗客全員の命を救うが、国家運輸安全委員会からの厳しい追及が待ち受けていた。

あふれんばかりの声援で迎えられたハンクスは「日本に戻ってくるたびにうれしさを感じるよ」と観客に向けてサムアップ。一方のエッカートは「コンニチハ、ニホンガスキ!」と日本語で挨拶し、喜びを表現した。海老蔵と固い握手を交わした2人は「日本のジェームズ・ボンドっていうくらい格好いい!」(ハンクス)、「ものすごくハンサム。一目で才能のある方だとわかった」(エッカート)とべた褒めし、海老蔵は「恥ずかしい、恥ずかしい、恥ずかしいです」と照れ笑い。2人の名前がカタカナであしらわれたちょうちんを贈ったほか、ハンクスと共に自撮りに興じ、歌舞伎の“見得”を切りあうなどすっかり打ち解けていた。

人当たりのよさを随所に発揮したハンクスは、日本のファンに「“ハドソン川の奇跡”は1人ではなく、消防士や警察官、チームで協力して成し遂げたもの。日本では近年震災や災害がありましたが、皆さんは、助け合う精神をおわかりだと思います」と語りかけた。エッカートは「本作はクリント・イーストウッド監督の作品。アメリカを代表する監督であり俳優です。みんな好きでしょ?」と呼びかけ、ギャラリーからは歓声が上がった。本作をいち早く鑑賞した海老蔵は「正しいということが素直に通じなくても、信念を持ち続けて真摯(しんし)に向き合えば正しいと証明される。勇気のある映画でした」としみじみと語った。

ハドソン川の奇跡」は、9月24日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi