アルフォンソ・キュアロン監督次回作はメキシコが舞台 14年ぶりに故郷で撮影 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月14日 > アルフォンソ・キュアロン監督次回作はメキシコが舞台 14年ぶりに故郷で撮影
メニュー

アルフォンソ・キュアロン監督次回作はメキシコが舞台 14年ぶりに故郷で撮影

2016年9月14日 12:00

アルフォンソ・キュアロン監督「ゼロ・グラビティ」

アルフォンソ・キュアロン監督
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督の次回作が、故郷メキシコを舞台にしたメキシコ人一家のドラマになることがわかった。2002年の「天国の口、終りの楽園。」以来、約14年ぶりのメキシコでの撮影となる。

米ハリウッド・レポーターによれば、タイトル未定の新作は、1970年代初頭のミドルクラスのメキシコ人一家の1年を描く。脚本も手がけたキュアロン監督は、同作について「自分にとって身近で大切な物語」だと語っている。

米Participant Mediaが製作、キュアロンはプロデューサーも兼任し、今秋の撮影開始を予定。キュアロン監督の前作「ゼロ・グラビティ」(2013)は、アカデミー賞監督賞を含む7部門で受賞している。

天国の口、終わりの楽園。[DVD] 天国の口、終わりの楽園。[DVD] 最安価格: - 一夏のアバンチュールを目当てに、17歳の少年2人が美しい人妻を誘って、存在するのかどうかも知らない伝説の海岸「天国の口」を目指す旅を描いたロード・ムービー。
ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi