独少年捕虜、ナチが埋めた地雷を撤去「ヒトラーの忘れもの」12月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月11日 > 独少年捕虜、ナチが埋めた地雷を撤去「ヒトラーの忘れもの」12月公開
メニュー

独少年捕虜、ナチが埋めた地雷を撤去「ヒトラーの忘れもの」12月公開

2016年9月11日 08:00

「ヒトラーの忘れもの」の一場面「ヒトラーの忘れもの」

「ヒトラーの忘れもの」の一場面
(C)Danish Film Institute
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「地雷と少年兵」のタイトルで第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀男優賞を受賞したデンマーク・ドイツ合作映画「Land of Mine」が、邦題「ヒトラーの忘れもの」として、12月に劇場公開することが決定した。

1945年5月、ナチス・ドイツ降伏後のデンマークで、ドイツ軍が海岸線に埋めた地雷撤去のため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出されたが、その多くが10代の少年兵たちだった。歴史上の事実でありながら、デンマーク国内でもほとんど知られていなかった悲劇を題材にした人間ドラマ。軍曹役のローラン・モラーと少年兵役のルイス・ホフマンが第28回東京国際映画祭で最優秀男優賞受賞のほか、デンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞や監督賞を含む最多6部門を受賞している。

メガホンを取ったのは長編映画3作目となる新鋭マーチン・サントフリート。次回作は、第2次大戦後の日本のヤクザ社会に身を投じるアメリカ人兵士の運命を、ジャレット・レト、浅野忠信の共演で描く「The Outsider(原題)」を日本で撮影する予定だ。

捕虜となったドイツ少年兵は、200万個の地雷処理のためにデンマーク西海岸へと送られる。ドイツ人たちを憎悪するデンマーク軍軍曹ラスムスンは、少年兵たちに食べ物も与えず、地雷を探させるため毎日浜辺に向かわせる。しかし次々に撤去失敗や誤爆によって目の前で死んでいく少年たちを見るうちに、ラスムスンは葛藤を感じるようになる。

「ヒトラーの忘れもの」は12月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi