「GANTZ:O」新ポスター&予告編が完成!大阪チームキャストはケンコバら人気芸人 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月11日 > 「GANTZ:O」新ポスター&予告編が完成!大阪チームキャストはケンコバら人気芸人
メニュー

「GANTZ:O」新ポスター&予告編が完成!大阪チームキャストはケンコバら人気芸人

2016年9月11日 15:00

「GANTZ:O」新ポスタービジュアル「GANTZ」

「GANTZ:O」新ポスタービジュアル
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 奥浩哉氏のSFアクション漫画をフル3DCGでアニメーション映画化した「GANTZ:O」の新たなポスタービジュアルと予告編が、このほど公開された。あわせて、追加キャストも発表され、ガンツ大阪チームのキャラクターを大阪出身のお笑い芸人・ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRGが担当することが明らかになった。

原作漫画「GANTZ」は、電車にひかれ死亡してしまった高校生・玄野計が、謎の黒い球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、同じ境遇の仲間とともに「星人」と呼ばれる存在との死闘を強いられる。単行本の累計発行部数は2100万部を突破し、2004年にテレビアニメ化、10~11年には二宮和也松山ケンイチ主演で実写映画2部作「GANTZ」「GANTZ PERFECT ANSWER」が製作・公開された。

今作では、原作漫画で人気の高いエピソード「大阪編」を映像化。ある事件に巻き込まれて命を落とし、ガンツに召還された青年・加藤勝が、リーダー・玄野を亡くした東京のガンツチームとともに大阪の街に転送される。やがて曲者ぞろいの大阪のガンツチームも加わり、妖怪型の星人軍団「百鬼夜行」に立ち向かう。

追加キャストは、大阪チーム最強の男・岡八郎をケンドーコバヤシ、好戦的な性格の島木譲二をレイザーラモンHG、大阪メンバーのリーダー的存在・室谷信雄をレイザーラモンRGが担う。コバヤシは「今回僕が演じた“岡八郎”という人物は、元々芸人として伝説の方で、漫画の中でも“最強の男”として登場します。そんな凄い役を、自分がやってよいのか? と初めは思ったのですが、やっぱり“大阪最強”ということで……オレしかいないかなと(笑)」と自身をのぞかせている。

予告編は、グロテスクな姿の妖怪たちが次々出現し、ガンツチームとの激しいバトルへと発展していく。その一方で、加藤らは戦う意味がわからず苦悩するが、自分の帰りを待つ者の存在に気づき「やるしかないんだ」と攻撃を決意する。ポスタービジュアルも、武器を手に険しい表情を浮かべる主要キャラクターの姿をとらえており、いずれも激闘の裏にあるいくつものドラマを予感させる。

なおその他のキャストは、加藤役の小野大輔、ヒロイン・山咲役のM・A・Oをはじめ、郭智博早見沙織池田秀一津嘉山正種小野坂昌也津田健次郎小川輝晃梶裕貴らが出演。「GANTZ:O」は、10月14日から全国公開。新予告編は公式YouTube(https://youtu.be/z-EoIn3IF0Y)で公開中。

(映画.com速報)
GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ PERFECT ANSWER[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,728 ガンツに巻き込まれる人々と独創的な世界観を、圧倒的な映像で表現した「GANTZ」の続編!“生と死”をテーマに、若い世代に向けてメッセージを放つ「GANTZ」がついに完結!!
GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,997 週刊ヤングジャンプで連載の奥浩哉原作コミックを二宮和也、松山ケンイチで映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi