E・ブラントが記憶喪失?疑惑の主人公に「ガール・オン・ザ・トレイン」11月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月9日 > E・ブラントが記憶喪失?疑惑の主人公に「ガール・オン・ザ・トレイン」11月公開
メニュー

E・ブラントが記憶喪失?疑惑の主人公に「ガール・オン・ザ・トレイン」11月公開

2016年9月9日 19:00

「ガール・オン・ザ・トレイン」ポスター画像「ヘルプ 心がつなぐストーリー」

「ガール・オン・ザ・トレイン」ポスター画像
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エミリー・ブラント主演で、45の国と地域でベストセラーとなった英作家ポーラ・ホーキンズの小説を映画化する「ガール・オン・ザ・トレイン」が、11月に公開されることが決定。あわせて、記憶を失い困惑するブラントを収めた予告編とポスター画像がお披露目された。

映画は、アルコール中毒で離婚し、仕事も失ったレイチェルが主人公。毎日電車の窓から見える仲睦まじい“理想の夫婦”を密かに観察することで心を癒していたが、ある日、理想の夫婦の妻・メーガンの不倫現場を目撃し、思わず電車を降りて夫婦の家へ向かうが、途中で記憶を失ってしまう。間もなくしてメーガンの死体が発見され、唯一の目撃者で記憶のないレイチェルは、疑惑の目を向けられる。

予告編は、レイチェルが警察に事件を証言する様子から始まる。事件解決に協力していたはずのレイチェルだったが、“理想の夫婦”の家が元夫とその新しい家族の家の近所だったこと、メーガンが元夫の子どものベビーシッターをしていたことなど、想定外のつながりが発覚し、ついに尋問を受ける側になってしまう。レイチェルは事件の夜の出来事を必死に思い出そうとするが、状況は悪化していく。

メーガンに米若手女優のヘイリー・ベネットが扮するほか、その夫スコットをルーク・エバンス、レイチェルの元夫トムをジャスティン・セロー、その妻アナをレベッカ・ファーガソンが演じる。「ヘルプ 心がつなぐストーリー」などのテイト・テイラー監督がメガホンをとる。

「ガール・オン・ザ・トレイン」は、11月18日から東京・TOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。

ヘルプ~心がつなぐストーリー~[Blu-ray/ブルーレイ] ヘルプ~心がつなぐストーリー~[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi