山田洋次監督「母と暮せば」、アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月6日 > 山田洋次監督「母と暮せば」、アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に
メニュー

山田洋次監督「母と暮せば」、アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に

2016年9月6日 20:25

日本代表作としてアカデミー賞にエントリー「母と暮せば」

日本代表作としてアカデミー賞にエントリー
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督作「母と暮せば」が、第89回アカデミー賞外国語映画部門の日本代表に決まったことを、日本映画製作者連盟が9月6日に発表した。

昨年12月に公開された本作は、終戦まもない長崎を舞台に、助産婦として暮らす主人公の前に、3年前に原爆で死んだはずの息子が現れるという物語だ。主人公の福原伸子役を吉永小百合が演じ、「嵐」の二宮和也が息子役で山田組に初参加、その他に黒木華浅野忠信らが共演した。過去の山田監督の作品では、「たそがれ清兵衛」(2002)が同部門にノミネートされている。

第89回アカデミー賞外国語映画部門のノミネート候補作9本は17年1月17日(現地時間)に発表され、最終的なノミネート作5本は翌週24日に発表される予定だ。受賞結果は、2月26日に開催される授賞式で明らかになる。

母と暮せば[Blu-ray/ブルーレイ] 母と暮せば[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,420 吉永小百合、二宮和也出演。山田洋次監督が初めて描く、<母>と<息子>の感動ファンタジー。
たそがれ清兵衛[Blu-ray/ブルーレイ] たそがれ清兵衛[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 幕末の時代を舞台に、あるひとりの剣士を中心に、親子のふれあいや幼馴染との淡い恋、そして壮絶な命をかけた戦いを描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi