「ジュラシック・ワールド」展が豪メルボルンから米フィラデルフィアへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月5日 > 「ジュラシック・ワールド」展が豪メルボルンから米フィラデルフィアへ
メニュー

「ジュラシック・ワールド」展が豪メルボルンから米フィラデルフィアへ

2016年9月5日 12:00

あのインドミナス・レックスも展示「ジュラシック・ワールド」

あのインドミナス・レックスも展示
(C)Universal Pictures and
Amblin Entertainment
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年の大ヒット映画「ジュラシック・ワールド」の世界観が楽しめる展示会「Jurassic World: The Exhibition」が、現在開催中のオーストラリアのメルボルン博物館で10月3日までの会期を終えた後、11月25日~17年4月23日に米フィラデルフィアのフランクリン・インスティテュートで開催されることが決定した。

米ユニバーサル・ピクチャーズが手がけた映画は、現代によみがえった恐竜を間近で観察できるテーマパークが舞台のパニックムービー。展示会では、映画の舞台であるイスラ・ヌブラル島へフェリーで向かうところから、遺伝子組み換えで誕生した、Tレックスより巨大で凶暴な新種インドミナス・レックスの恐怖まで味わえるという。

展示される体高7メートルのブラキオサウルスや、体長9メートルのパキリノサウルスなどは、米クリーチャー・テクノロジー・カンパニーがアニマトロニクスを駆使し制作。著名な古生物学者ジャック・ホーナー氏が協力しており、イベントを運営するイマジン・エキシビションによれば、劇中に登場するハモンド・クリエーション・ラボをモデルにしたコーナーでは、恐竜のDNAにまつわる科学知識を学ぶこともできるそうだ。

一方で、映画は続編を準備中だ。主演のクリス・プラットブライス・ダラス・ハワードが続投し、来年2月下旬から米ハワイや英ロンドンで撮影する予定。監督が前作のコリン・トレボロウからスペイン人監督フアン・アントニオ・バヨナ(「インポッシブル」)に交代し、脚本は前作同様トレボロウとデレク・コノリーが共同で執筆する。全米公開日は18年6月22日。

(映画.com速報)
ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ] ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi