第10回田辺・弁慶映画祭コンペ部門、過去最高160本から入選8作品が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月4日 > 第10回田辺・弁慶映画祭コンペ部門、過去最高160本から入選8作品が決定
メニュー

第10回田辺・弁慶映画祭コンペ部門、過去最高160本から入選8作品が決定

2016年9月4日 08:00

塚田万理奈監督「空(カラ)の味」の主演・堀春菜「ポエトリーエンジェル」

塚田万理奈監督「空(カラ)の味」の主演・堀春菜
(C)田辺・弁慶映画祭実行委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖田修一監督、瀬田なつき監督らが受賞後に商業映画デビューを果たすなど、多くの若手監督を輩出してきた“インディーズの登竜門”と注目されている「田辺・弁慶映画祭」は、今年第10回を迎えるが、コンペティション部門の入選作品が決定した。

4月15日~7月15日の3カ月にわたり募集を行い、今年も過去最高を更新する160作品の応募があり、例年以上にハイレベルなコンペとなった模様。選ばれたのは、松尾豪監督「UNDER M∀D GROUND」、松本千晶監督「傀儡(かいらい)」、塚田万理奈監督「空(カラ)の味」、永山正史監督「トータスの旅」、蔦哲一朗監督「林こずえの業」、亀山睦実監督「ゆきおんなの夏」、野本梢監督「私は渦の底から」、三間旭浩監督「私は兵器」の8監督8作品。

コンペ部門は11月11、12日の2日間上映し、13日の表彰式で弁慶グランプリ、映検審査員賞、市民賞、映画.com賞、男優賞、女優賞の各賞が審査の上発表される。今年はグランプリの賞金が50万円にアップ。これからの日本映画界を担うであろう新しい才能の中で弁慶グランプリを手にするのは誰か注目される。

なお、第10回を記念した飯塚俊光監督の映画「ポエトリーエンジェル」(主演:岡山天音武田玲奈)の上映や、第10回に相応しいプログラム、ゲストが来場する予定。11月11日から13日まで、和歌山県田辺市の紀南文化会館で開催される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi