京都国際映画祭2016、キャッチコピーは「京都上ル上ル」に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月2日 > 京都国際映画祭2016、キャッチコピーは「京都上ル上ル」に決定
メニュー

京都国際映画祭2016、キャッチコピーは「京都上ル上ル」に決定

2016年9月2日 19:30

京都のイメージ裏切るメインビジュアル

京都のイメージ裏切るメインビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2016のキャチコピーが「京都上ル上ル(あがるあがる)」に決定し、あわせてメインビジュアルがお披露目された。

前身の京都映画祭から、伝統と志を引き継いだ京都国際映画祭。3回目を迎える今年も「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、あらゆる分野で“新しい文化”を京都全体で創造する。

キャッチコピー&ビジュアルの制作意図について、クリエイティブ・ディレクターの山本高史氏は「京都はその伝統を誇りながら、実はクリエイティブな街でもあります。いつも新しい人が訪れ、新しい出来事が起こり、そうして千数百年が綴られてきました」と語る。そして、「新鮮な驚きや感動のステージとなる京都の街に、上ル上ル(あがるあがる)というコピーを添えて祝祭感を表現しました」といい、「またビジュアルでは、京都というイメージを心地よく裏切るような、インパクトの強い情景を描きました」と説明している。

京都国際映画祭2016は、10月13~16日によしもと祇園花月、祇園甲部歌舞練場、大江能楽堂ほか、京都市内の各所で開催。各プログラムの詳細や上映ラインナップは、後日発表される。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi