「ゾンビ」4K版がベネチア国際映画祭で上映!D・アルジェントが出席 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月25日 > 「ゾンビ」4K版がベネチア国際映画祭で上映!D・アルジェントが出席
メニュー

「ゾンビ」4K版がベネチア国際映画祭で上映!D・アルジェントが出席

2016年8月25日 08:00

「ゾンビ」世界三大映画祭へ「ゾンビ」

「ゾンビ」世界三大映画祭へ
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゾンビ映画のパイオニア、ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」(1978)の4Kレストア版が、8月31日(現地時間)にイタリアで開幕する第73回ベネチア国際映画祭のベネチア・クラシック部門で上映される。

英Screen Dailyによれば、今回上映されるレストア版は、イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェントがヨーロッパ市場向けに編集・音響効果を手がけたバージョンだという。9月2日の上映には、アルジェントと、「ドライヴ」の監督ニコラス・ウィンディング・レフンが出席するという。

アルジェントは「何年も経ったいま、『ゾンビ』が再上映されることをとてもうれしく思っています」とコメント。「私のキャリアにとっても、ジョージのキャリアにとっても大切な作品なので、すばらしい思い出が詰まっています」と語った。

ベネチア・クラシック部門は、古典映画のレストア版やドキュメンタリー映画を特集する部門。今年は、黒澤明監督「七人の侍」(54)の4Kデジタル・リマスター版もラインナップされている。

第73回ベネチア国際映画祭は、8月31日~9月10日開催。サム・メンデスが審査委員長を務めるコンペティション部門には、トム・フォードの監督2作目「Nocturnal Animals(原題)」や、ドゥニ・ビルヌーブ監督のSF映画「Arrival(原題)」、パブロ・ラライン監督×ナタリー・ポートマン主演「Jackie(原題)」、ビム・ベンダース監督の3D映画「Les Beaux Jours D'aranjuez(原題)」など20作品が出品される。

ドライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] ドライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,458 「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi