ジェニファー・ロペス、「コカインの女王」と呼ばれた実在の女麻薬王に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月22日 > ジェニファー・ロペス、「コカインの女王」と呼ばれた実在の女麻薬王に
メニュー

ジェニファー・ロペス、「コカインの女王」と呼ばれた実在の女麻薬王に

2016年8月22日 12:00

ジェニファー・ロペス

ジェニファー・ロペス
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェニファー・ロペスが、「コカインの女王」と呼ばれた実在したコロンビアの麻薬ディーラー、グリセルダ・ブランコの伝記映画をプロデュースし、主演を兼ねることがわかった。

米バラエティによれば、米HBOフィルムズがタイトル未定の同新作を企画開発中で、ロペスは自身の製作会社ニューヨリカン・プロダクションを通して製作総指揮にあたる。ブランコ役のロペス以外のキャストや監督、脚本家は明らかになっていない。

ブランコは、1970年代から80年代にかけて、コロンビアからアメリカへのコカイン密輸で暗躍し、同ルートを開拓したことで麻薬界のゴッドマザーとも呼ばれた。多くの殺人事件にも関与していたと言われている。20年以上アメリカで服役していたが、2004年にコロンビアに帰国。12年、69歳の時に銃で撃たれて死亡した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi