吉田凜音、MX4D専用「戦車ライド」体感し「お尻を突き上げられたかと思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月22日 > 吉田凜音、MX4D専用「戦車ライド」体感し「お尻を突き上げられたかと思った」
メニュー

吉田凜音、MX4D専用「戦車ライド」体感し「お尻を突き上げられたかと思った」

2016年8月22日 14:20

戦車に乗っているかのような臨場感 を味わえるMX4D専用映画

戦車に乗っているかのような臨場感
を味わえるMX4D専用映画
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 戦車に乗っているかのような臨場感を味わえるMX4D専用映画「アトラクション4D『戦車ライド』」の試写会が8月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、出演の吉田凜音高橋胡桃安部一希が舞台挨拶に出席した。

アトラクション型上映システムMX4D専用作品で、本編のほとんどにシートアクションを採用し、限りなく現実に近い“ライド感”を創出。対戦車戦を想定した模擬訓練が行われ、旧型の74(ナナヨン)式戦車で出撃した隊員たちが、最新鋭の10(ヒトマル)式戦車に挑む姿を描いている。

この日、キャスト陣は観客と一緒に今作を体験。キャタピラの振動や砲撃の瞬間など、アクションのひとつひとつに興奮の声を上げ、大いに楽しんだ様子だ。天真爛漫なエリー役を演じた吉田は、シートアクションの感想を「お尻を突き上げられた、蹴られたのかと思った。全部が予想外でした」と語った。

さらに全体の指揮を執る小隊長役に扮した安部は、取材のため戦車に乗ったことがあるそうで、「本物の戦車に乗った時と遜色ない。最初に戦車に乗った時も驚いたんですが、今日も本当に驚いた」と映画の出来栄えに太鼓判。冷静沈着なメグ役を熱演した高橋は、専門用語に苦労したといい、「『低地で高速移動』『退避行動』『キャタピラが破損した』とか、今まで発したことのない単語の読み方から覚えるのが大変でした」と振り返っていた。

また会場には、今作のエネルギーにシンパシーを感じたというピン芸人・サンシャイン池崎も登場。「MX4Dイエイ」と題したネタをフルパワーで披露し、舞台挨拶を盛り上げた。「アトラクション4D『戦車ライド』」は、9月2日から東京・TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国のMX4Dスクリーンで公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi