「エクス・マキナ」日本人女優がミニスカ姿で悩殺!「ハートビート」ダンス映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月18日 > 「エクス・マキナ」日本人女優がミニスカ姿で悩殺!「ハートビート」ダンス映像公開
メニュー

「エクス・マキナ」日本人女優がミニスカ姿で悩殺!「ハートビート」ダンス映像公開

2016年8月18日 12:00

奔放なダンサーに扮した ソノヤ・ミズノ(写真左から2人目)「ハートビート」

奔放なダンサーに扮した
ソノヤ・ミズノ(写真左から2人目)
(C)2015 High Strung, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカ人で初めてロシアの名門マリインスキー・バレエに入団したキーナン・カンパが女優デビューを果たし、ロンドン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークから集められたトップダンサー62人が出演した映画「ハートビート」の本編映像が、公開された。カンパ演じる主人公のルビーとルームメイトのジャジー(ソノヤ・ミズノ)が、酒場でアイリッシュダンスを披露するシーンを切り取っている。

プロのバレエダンサーになるためニューヨークの専門学校に入学したルビーは、生活のために地下鉄で演奏するイギリス人バイオリニスト・ジョニー(ニコラス・ガリツィン)と運命的な出会いを果たす。次第に惹かれあうようになった2人は、お互いの夢をかなえるべく、ヒップホップダンスチーム“スイッチ・ステップス”と共に「弦楽器&ダンスコンクール」に出場しようとする。

天真爛漫で世話好きのキョウコは、ニューヨークにやってきたばかりのルビーと仲を深めようとバーに連れていく。ルビーは同じくプロを目指すクラスメイトたちとの交流を楽しみ、バイオリンの生演奏に合わせてアイリッシュダンスを披露。恵まれた肢体を存分に生かした流麗なステップから、中盤からはドラムに合わせて他の客と一体になって踊るなど、理性と情熱の両面をあわせ持つアイリッシュダンスの奥深さが収められている。

イギリスのロイヤル・バレエスクール出身で、オスカー受賞作「エクス・マキナ」では妖えんな魅力を振りまいたソノヤが、キャミソールとミニスカートに身を包んで自由奔放なキョウコになりきり、カンパとの息の合ったコンビネーションを見せている。終盤では、ジャジーのキスシーンも描かれている。

ハートビート」は、「マーリー2 世界一おバカな犬のはじまりの物語」(2011)を手がけたマイケル・ダミアン監督がメガホン。8月20日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi