「ロボコップ」ジョゼ・パジーリャ監督、エンテベ空港ハイジャック事件を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月17日 > 「ロボコップ」ジョゼ・パジーリャ監督、エンテベ空港ハイジャック事件を映画化
メニュー

「ロボコップ」ジョゼ・パジーリャ監督、エンテベ空港ハイジャック事件を映画化

2016年8月17日 19:30

出演予定のロザムンド・パイク、ダニエル・ブリュール、バンサン・カッセル「ロボコップ」

出演予定のロザムンド・パイク、ダニエル・ブリュール、バンサン・カッセル
写真:WENN/アフロ、
Photo by Mike Marsland/Mike Marsland/WireImage、
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ロボコップ」やドラマ「ナルコス」で知られるジョゼ・パジーリャ監督が、エンテベ空港ハイジャック事件を映画化することがわかった。米Deadlineによれば、ロザムンド・パイクダニエル・ブリュールバンサン・カッセルが出演交渉中だという。

1976年6月27日に発生したこの事件は、テルアビブを離陸しパリに向かうエールフランス139便が、ドイツ人2名&パレスチナ人2名のテロリストにハイジャックされ、ウガンダ・エンテベ空港に強制着陸させられた。犯人らは乗客の中からイスラエル国籍の人とユダヤ人だけを人質にとり、代わりに服役中のパレスチナ人たちの釈放を要求。しかし、イスラエル政府はこれを拒否し、イスラエル国防軍が人質救出のための奇襲作戦を展開した。結果、突入部隊の誤射で死亡した3人と、病院に搬送された1人を除く乗客全員が無事に救出された。

映画には、テロが頻発する現代の世界情勢が反映される見込みだ。新作スリラー「エンテベ(原題)」は英ワーキング・タイトルが製作。「ベルファスト71」(ヤン・ドマジュ監督)のグレゴリー・バークが脚本を執筆する。

なお、エンテベ空港ハイジャック事件は1976年のテレビ映画「特攻サンダーボルト作戦」(アービン・カーシュナー監督、ピーター・フィンチチャールズ・ブロンソン出演)や同じく76年のテレビ映画「エンテベの勝利」(マーヴィン・チョムスキー監督、カーク・ダグラスバート・ランカスター出演)など、これまでに何度も映像化されている。

ベルファスト71[DVD] ベルファスト71[DVD] 最安価格: ¥3,791 IRAや北アイルランド問題を背景に、敵地に取り残された若きイギリス軍兵士の悪夢の一夜を描いたサバイバルスリラー。
特攻サンダーボルト作戦・オリジナル全長版[DVD] 特攻サンダーボルト作戦・オリジナル全長版[DVD] 最安価格: ¥3,175 1976年のエンテベ空港ハイジャック事件を鮮烈に描いたアクション・ムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi