やっぱり愛よりお金? 大竹しのぶ「この年になるとわかってくる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月17日 > やっぱり愛よりお金? 大竹しのぶ「この年になるとわかってくる」
メニュー

やっぱり愛よりお金? 大竹しのぶ「この年になるとわかってくる」

2016年8月17日 17:30

“美魔女”を前にトークを繰り広げた 大竹しのぶ、豊川悦司、鶴橋康夫監督「後妻業の女」

“美魔女”を前にトークを繰り広げた
大竹しのぶ、豊川悦司、鶴橋康夫監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・黒川博行氏の著書を原作に、大竹しのぶ豊川悦司が3度目のタッグを組む映画「後妻業の女」のイベントが8月17日、都内であり、主演の大竹と豊川、鶴橋康夫監督が、平均年齢52.6歳の50人の女性観客“美魔女”を前にトークを行った。

イベントでは、資産家の独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる“後妻業”を生業とする女を描く映画の内容にちなんだ様々な質問を観客に投げかけた。「後妻業に興味がある」との回答が58%という値を出すと、大竹も「若い時は愛だけでお金なんか…と思っていたけど、この年になると違ってくるなとわかってきた」と理解を示す一方で、「愛よりお金」の回答に64%という結果には「お金だけだとさみしいけど、お金がないと無理だよね。でも、愛、愛、愛がいい」と女ごころを見せていた。

また、「浮気や不倫はばれなければよい」の回答が42%だったことに対し、鶴橋監督は「正しい!」ときっぱり。大竹は「浮気はやだ、本気がいい。最初からばれなきゃいいっていうのは嫌だな」と持論を語った。豊川は、マイペースに語る大竹と浴衣姿の“美魔女”50人を前に「みなさん20代かと思っていました。メガネの度が合っていないかも……」など、終始リップサービスに努めていた。

後妻業の女」は、大竹が主人公の武内小夜子、豊川が小夜子とともに独り身の老人たちを騙す結婚相談所所長の柏木亨に扮し、笑福亭鶴瓶尾野真千子永瀬正敏風間俊介津川雅彦長谷川京子水川あさみ余貴美子森本レオ六平直政伊武雅刀ら豪華キャストが共演する。8月27日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi