名匠ペドロ・アルモドバル監督、“女性賛歌”の最新作「ジュリエッタ」11月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月5日 > 名匠ペドロ・アルモドバル監督、“女性賛歌”の最新作「ジュリエッタ」11月公開
メニュー

名匠ペドロ・アルモドバル監督、“女性賛歌”の最新作「ジュリエッタ」11月公開

2016年8月5日 10:00

「ジュリエッタ」ポスター画像

「ジュリエッタ」ポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督がメガホンをとり、孤独な女性が母親としての自分、そして娘と向き合う姿を描いた「ジュリエッタ」が、11月に公開されることが決定。あわせて、2人1役で主人公を演じたスペインのベテラン女優エマ・スアレスと、テレビドラマ「情熱のシーラ」で注目を集めたアドリアーナ・ウガルテの姿を収めたポスター画像がお披露目された。

映画は、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローの短編集「Runaway」の3編を原作に、アルモドバル監督がひとつの物語として脚本化。第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された話題作で、アルモドバル監督の“女性賛歌3部作”と呼ばれる「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」「ボルベール 帰郷」に通じるエモーショナルな物語となっている。

スペイン・マドリードで暮らす中年女性ジュリエッタは、美しく洗練された容姿を持ち、恋人もいたが、12年前に失踪した最愛の娘アンティアへの思いを内に秘めてひとり苦悩していた。そんなある日、知人からアンティアを見かけたという情報を得たジュリエッタは、アンティアに宛てた手紙を書くことで、心の奥底に封印していた過去と向き合っていく。

2016年のマドリードを出発点にジュリエッタの回想によって過去へとさかのぼり、現在のジュリエッタをスアレス、過去のジュリエッタをウガルテが演じる。これまで、カルメン・マウラ、ビクトリア・アブリル、ペネロペ・クルスらの才能を開花させてきたアルモドバル監督は、今作でのふたりの演技を「私の女神たちと肩を並べる存在となった」と絶賛している。

「ジュリエッタ」は、11月5日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(映画.com速報)
ボルベール<帰郷> Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ボルベール<帰郷> Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,165 鬼才ペドロ・アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演で贈る、母・娘・孫の3世代にわたる女性たちの揺れ動く心を感動的に描いた傑作!
トーク・トゥ・ハー[Blu-ray/ブルーレイ] トーク・トゥ・ハー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 事故で植物状態になった女性ダンサーを、献身的な介護とともに偏執的な愛情で見守る男と、恋人が事故に遭い同じ境遇に陥った男との奇妙な友情を描いた作品。ペドロ・アルモドバル監督が描いた究極の愛。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi