押井守監督の自選特集上映、17年1月に開催決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月4日 > 押井守監督の自選特集上映、17年1月に開催決定!
メニュー

押井守監督の自選特集上映、17年1月に開催決定!

2016年8月4日 17:00

押井守監督「ガルム・ウォーズ」

押井守監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 押井守監督の特集上映「自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守」が、2017年1月10日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

今回の特集は、東京国立近代美術館フィルムセンターが、日本のアニメーション映画公開100周年にあたる2017年を祝う第1弾企画。押井監督は、実写とアニメーションを往還、融合する独自の世界観を創造し、今年6月には構想に15年を費やした「ガルム・ウォーズ」を発表。「来たるべき映画の姿」を模索し続ける足跡をたどる。

今企画は、1980年代以降の日本映画を牽引してきた映画監督が自作の中から上映作品を選定する「自選シリーズ 現代日本の映画監督」の第5弾で、これまで崔洋一監督、大森一樹監督、井筒和幸監督、根岸吉太郎監督を特集し人気を博している。

特集上映は17年1月22日まで開催。上映作品やイベントなどの詳細は追って発表される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi