「少女」映画化の三島有紀子監督、湊かなえの原作は「天才的な構造」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月2日 > 「少女」映画化の三島有紀子監督、湊かなえの原作は「天才的な構造」
メニュー

「少女」映画化の三島有紀子監督、湊かなえの原作は「天才的な構造」

2016年8月2日 18:54

人の死を見たいという願望にかられる女子高生を描く「少女」

人の死を見たいという願望にかられる女子高生を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]累計100万部突破のベストセラー小説を映像化した「少女」のトークイベントが8月2日東京・スペースFS汐留で行われ、原作者である湊かなえ氏と三島有紀子監督が登壇した。物語の主人公は人の死を見たいという願望にかられる女子高生だが、テーマについて湊氏は「死を考えるということが、生を考える、人生を考えること。そして自分の人生を考えることが、他人の生を考えること。そしてそこをけがしてはならないとか、誰と手を繋いで生きて行くかとかを考えること」と原作に込めた思いを語った。

本作は「人が死ぬ瞬間を見たい」という2人の女子高生の衝撃的な夏休みを描いたミステリー。知的でミステリアスな高校2年生の由紀役を本田翼が、天真爛漫だがいじめのせいで過度の不安症を抱える敦子役を山本美月が演じる。「告白」「白ゆき姫殺人事件」など大ヒットを次々と送り出す湊氏と、「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」などで登場人物達の繊細な心の機微を描いてきた三島監督のタッグが注目を集めている。


画像2

[拡大画像]

かねて湊作品のファンだったという三島監督は、念願が叶った喜びを述べながら、同時に映画にする難しさも感じていたことを吐露。「天才的な構造になっている。それをどう映像化するかが難しい。主人公の感情のうねりを作っていくのが難しい」と、試行錯誤があったことを明かした。

それを受けた湊氏は感慨深げな笑顔を見せ、「私は映像化に関しては(三島監督に)お任せでお渡ししていて。どんな風にして頂けるか、田舎のお母さんが子供を送り出して『東京の偉い先生によくしてもらうんだよ』という感じだった。大切に使って頂けて、こんなに立派になってという感じで本当に感謝の気持ちしかない」と喜びを表した。

また司会の杉山ハリーから原作の着想について尋ねられた湊氏は、10年ほど前自身が経験した女子高生とのあるやり取りがきっかけだったことを述べ、当時のエピソードをリアルな心情と共に語り会場を盛り上げた。

少女」は10月8日より全国公開。

白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,052 「告白」「贖罪」の湊かなえが2012年に発表したサスペンス小説を、井上真央主演で映画化
ぶどうのなみだ[Blu-ray/ブルーレイ] ぶどうのなみだ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,875 『しあわせのパン』大泉洋×製作スタッフが贈る、北海道生まれの映画第二弾!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi