【国内映画ランキング】「シン・ゴジラ」がV、「ファインディング・ドリー」2位維持、「ターザン:REBORN」は4位スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月1日 > 【国内映画ランキング】「シン・ゴジラ」がV、「ファインディング・ドリー」2位維持、「ターザン:REBORN」は4位スタート
メニュー

【国内映画ランキング】「シン・ゴジラ」がV、「ファインディング・ドリー」2位維持、「ターザン:REBORN」は4位スタート

2016年8月1日 20:03

初登場1位の「シン・ゴジラ」「シン・ゴジラ」

初登場1位の「シン・ゴジラ」
(C)2016 TOHO CO.,LTD.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 7月30~31日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「ゴジラ FINAL WARS」(04)以来12年ぶりに東宝が製作した最新作「シン・ゴジラ」が、7月29日より全国441スクリーンで公開され、土日2日間で動員41万2302人、興収6億2461万0700円を記録する好スタートを切った。この成績は、最終興収12.6億円を記録した「FINAL WARS」の興収比328.7%、最終興収32.0億円をあげたハリウッド版「GODZILLA」(14)対比では122.8%となっている。ちなみに、庵野秀明監督の前作は12年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」だが、同作のオープニングと比較すると、「シン・ゴジラ」は55.2%の出足。「新劇場版:Q」の最終興収は53億円である。

新作では他に、「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ監督が手がけたアクションアドベンチャー「ターザン:REBORN」が初登場4位にランクイン。オープニング2日間で動員12万3734人、興収1億6076万5400円をあげた。まずは興収10億円が当面の目標となる出足となっている。

ファインディング・ドリー」は2週連続で2位をキープし、累計動員は260万人、興収は32億円を突破。前週首位スタートを切ったアニメ「ONE PIECE FILM GOLD」は3位に後退したが、「ファインディング・ドリー」の公開9日間で興収21億円という記録を抜き、9日間で動員170万人、興収23億円を突破した。日本でもリリースされた「ポケモンGO」が話題のアニメ「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z 『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」だが、映画は5位に後退している。

なお、各作品が順位を落とす中で、アニメ「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」が唯一10位から9位に順位を上げており、腰の強い興行を展開。シリーズ最高成績(5.4億円)をあげた前作「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」(15)超えが視野に入ってきた。

ゴジラ ファイナルウォーズ Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] ゴジラ ファイナルウォーズ Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 発達した科学により地球の環境は歪み、それによって目覚めた多くの巨大怪獣と地球防衛軍との戦いを描いた、ゴジラシリーズ50年の集大成となる作品。
GODZILLA[Blu-ray/ブルーレイ] GODZILLA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,863 1954年の誕生から60年。日本が世界に誇るキング・オブ・モンスター「ゴジラ」がハリウッドの超一流スタッフによって現代によみがえる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi