駿河太郎、初主演映画で演じた竹久夢二には共感できず「しゃあないなと思ってくれればいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月30日 > 駿河太郎、初主演映画で演じた竹久夢二には共感できず「しゃあないなと思ってくれればいい」
メニュー

駿河太郎、初主演映画で演じた竹久夢二には共感できず「しゃあないなと思ってくれればいい」

2016年7月30日 13:30

舞台挨拶に立った駿河太郎、小宮有紗、黒谷友香ら「夢二 愛のとばしり」

舞台挨拶に立った駿河太郎、小宮有紗、黒谷友香ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の駿河太郎の初主演映画「夢二 愛のとばしり」が7月30日、東京シネ・リーブル池袋で公開。駿河は共演の小宮有紗黒谷友香、メインテーマを手掛けたmayo(岡本真夜)、宮野ケイジ監督とともに初日舞台挨拶を行った。

日本初のポップアーティストと呼ばれ、明治から昭和を駆け抜けた竹久夢二の半生を演じた駿河。この日も衣装で使ったレトロ風のスーツ姿で登場し「初主演で、しかも実在の人物というのはなかなか難しかった。映画を愛するスタッフが集まってくれて、気持ち良く役に集中することができた。お客さんが1人もおらんかったらどうしようと思っていたけれど、たくさんの方が来てくれてビックリ。本当にうれしい」と感慨深げに話した。

夢二は妻のたまき(黒谷)がいながら、彦乃(小宮)という女性を愛し溺れていくため、「だから、共感できるとは言えないですよね。人たらしというよりは、孤高すぎて女性が放っておけなかったんでしょう。もう、しゃあないなと思ってもらえたらいい」と苦笑い。黒谷も同じ関西出身同士でコミュニケーションを取りたかったそうだが、「孤高すぎて、夫婦なのに最初から距離が近くなかったので、しゃべりたいのにしゃべれない。現場はつらかった。でも、充実していましたよ」と振り返った。

宮野監督は、映画に込めたメッセージについて「ありません。見た人の心に何かしらがしみてくれればいい」と観客に一任。だが、駿河が「愛のことを考えるきっかけになったり、やりたいことと現実のギャップを見つめ直すなど、いろんなものが詰まっている。エンタテインメント性はないと思いますけれど、日本映画として海外で勝負できる作品にはなった」と軌道修正しながら、自負をのぞかせていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi